デリケートゾーンの黒ずみはどのようにケアすればよいのか

デリケートゾーンの黒ずみが気になる方も多いのではないでしょうか。

他人からは見えない箇所ですが、黒ずんでいると気分も沈んでしまいます。

今では黒ずみをケアする商品も続々と登場し、一人でも簡単にケアすることができます。

エステサロンなど専門店に頼らなくてもいいので、時間もお金もあまり気にする必要はありません。とはいってもデリケートゾーンなので敏感ですし、炎症やかゆみがでたらどうしようと考えてしまいます。

最適なケアを行うことでより早く確実に綺麗にすることができます。黒ずみとは、毛穴に詰まり取れなくなった老廃物が、毛穴を広げることで黒く見えるものです。

この中には皮脂や汚れなども溜まっており、ケアが行き届いていない状態ということになります。

また、刺激によりメラニンが作られてしまったり、乾燥で角質硬化が荒んでしまった時にも黒ずみとなって現れます。

膝や脇、デリケートゾーンは代表的ですが、バストトップやくるぶしなど、悩む箇所は人によって違います。

刺激でメラニンが生成されてできた黒ずみの原因は紫外線や擦れによるものです。日焼けや、下着による擦れが続くことで、肌がダメージを受け黒ずんでいきます。

紫外線対策はできますが、下着は毎日身につけなければならないので、対処方法に困ってしまいます。

膝をつくなどの動作をするとメラニンが生成されることがあり、黒くなってしまうと考えられます。あまり知られていませんが制汗剤でも黒くなってしまいます。

制汗剤は肌にとってはあまり良くないもので刺激物とみなされます。特に夏には、リフレッシュする道具として頻繁に使用する制汗剤ですが、頻度に気をつけた方が良さそうです。

毛穴を綺麗にしようとスクラブ入りの石鹸を使用する方もいると思いますが、これも刺激になるのでできれば避けたいものです。

毛の処理で使用するカミソリや手抜きもよくありません。黒くなってしまったデリケートゾーンのケアは、肌刺激を減らしてあげれば良いということになります。

擦れを軽減すれば肌ストレスが減り、肌のターンオーバーが正常に行われるようになると考えられます。

デリケートゾーン専用の石鹸やクリームでケアしましょう

しかし下着を外して生活するわけにはいきません。そこでデリケートゾーン専用の石鹸やクリームが役立ちます。

これらの商品には、ターンオーバーを正常に戻してくれる働きもあるので、試しに使ってみるのも良いでしょう。

美白に特化して作られているので、肌を白くするのに有効的な成分がバランスよく配合されています。

確実性を重視するなら皮膚科に行くのも一つの方法です。通院する手間と料金はかかりますが効果は絶大です。

即効性を望む場合にはレーザー治療もあります。自分一人ではケアを続けることが不安な方におすすめです。

どちらにせよ、何よりもまず予防が大切です。肌を締め付けすぎない、洗いすぎないといった日頃からできるものを上手に取り入れていきましょう。

黒ずみは大変気になりますが、本気で綺麗にしようと思えば方法はいくらでもあります。自分に合うもの探し、綺麗な肌を取り戻しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみとメラニンの関係

綺麗に見せたいと体のケアをしていく中で、デリケートゾーンの黒ずみがあると、汚れてしまっているようにみえるので、なんとかしたいと思うのが自然です。

でも、何故黒ずんでしまっているのか、ということを理解しなければ、綺麗な肌に戻ることは出来ません。

黒ずんで見える原因はメラニン

汚れのように見える黒ずみですが、一体何がそのように見せているのかというと、メラニンです。

日焼けをすると、肌が黒くなりますが、それと同じことがデリケートゾーンに起きています。
通常の日焼けだったら、何日かすれば黒くなった肌が、剥がれて元の白い肌に戻ります。

ところが、デリケートゾーンは黒ずんでしまうと、そのままの状態で、元にはなかなか戻りません。その理由は、色素沈着して肌にメラニンが留まるからです。

では、どうして黒ずんでしまうのか、という始まりから流れを見ていきましょう。

肌は、紫外線を浴びたり、擦られた時などダメージを受けた時にメラニンを生成します。黒くなった肌はバリア機能を持ち、それ以上のダメージを受けないようにします。

デリケートゾーンであれば、普段は紫外線を浴びることはまず無いし、あまり触ることもないのに、どうしてダメージを受けてしまうのかというと、常日頃身につけている下着のせいです。

下着をつけて歩いたり座ったりしているときには、知らず知らず肌を摩擦しています。

また、無駄毛の処理をするために、カミソリや脱毛器を使うことも、肌に大きなダメージを与えます。特にカミソリはシェービングローションを使っていたとしても、刃で毛だけでなく肌の表面を削っているわけですからその影響は無視できません。

他にも汗や汚れが毛穴に詰まったり、ストレスによってもメラニンが生成されることがあるので、どのような生活を送っているのかも関係してきます。

いつまでも黒ずみが残るのはなぜ?

そうして生まれた黒ずみですが、日焼けと違っていつまでも残るのは、肌の新陳代謝が上手く機能していないことが原因です。

肌の新陳代謝が上手く言っていれば、古い肌細胞が新しい肌細胞に置き換わり、赤として剥がれ落ちる際に、メラニンも一緒に排出されるからです。

肌の新陳代謝が乱れてしまうのは、加齢やストレス、睡眠不足、食生活、妊娠などいろいろな要因が考えられます。

いずれにせよ、デリケートゾーンの黒ずみを解消したいのであれば、それらの要因を取り除くことが根本的な解決方法となります。

生活習慣を見直し、ストレスなどを解消していけば、徐々に黒ずんだ部分が薄くなっていきます。

でも、水着を着る予定が迫っているので、なんとかしたいというのであれば、ハイドロキノンを使った美白ケア化粧品を使うという方法もあります。

ハイドロキノンは、メラニンの生成を阻害し、同時に肌の新陳代謝を促し排出する効果があります。黒ずみを早く解消したいというときには、高い効果を期待できます。

気をつけなければ行けないのは、高濃度のハイドロキノンを長期間使い続けてしまうと、まだらに白くなってしまう白斑などの副作用が懸念されます。

使用するのであれば低濃度の商品を選んだほうがリスクを抑える事ができます。