デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

普段の生活では気付きにくいデリケートゾーンの黒ずみは、海やプールで水着を着用する場合やパートナーが出来た時などになって、自分の皮膚が黒ずんでしまっている事が気になり始める方が大半だと言われています。

そこで適切な黒ずみ対策を行うためにも、なぜ皮膚に黒ずみが出来てしまうのか原因を把握することが重要になってきます。

まずデリケートゾーンとは性器周辺の部分を指し、Vライン、Iライン、Oラインの3つに分類されます。

海外セレブの影響から日本でもVIOラインの脱毛や除毛をしっかり済ませる女性が増えてきたことにより、ムダ毛が無くなることで黒ずみが特に目立ちやすくなってしまうという悪循環を起こしてしまいます。

体の部位の中でもデリケートゾーンは、皮膚が薄く刺激に弱い特徴があるので、黒ずみが出来る原因が外部からの刺激によって起こり、大きく分けるとムダ毛の処理を行う際にカミソリを繰り返し使用することによる刺激、おりものシートやナプキンなども直接肌に触れる物も刺激を与える危険があります。

皮膚の摩擦は、下着や衣服による皮膚の圧迫でも起こりやすく、サイズの合っていない下着や体にフィットするパンツなどを長時間履いている場合も色素沈着が起こりやすくなります。

特にスポーツなど体をよく動かす際に足の付根の部分は圧迫され摩擦を起こしやすいので皮膚内でメラノサイトが刺激され、皮膚の角質化や色素沈着を引き起こします。

このような問題から肌を守るためには、日々の刺激からデリケートな皮膚が乾燥するのを防ぐことが重要になってきます。

皮膚同士が摩擦を起こしてしまうと皮膚の角質が剥がれやすくなり、常に乾燥してしまっている場合が高いので、毎日ボディケアとして保湿効果の高いボディクリームや、普段顔に使用している化粧水や乳液は粘膜部位以外ならデリケートな部位全体に使用することが出来ます。

次にお風呂に入って体を洗う場合、汚れをしっかり落とそうとナイロンブラシなどを利用して体をゴシゴシ洗ってしまう方は多いですが、デリケートゾーンはゴシゴシ擦る行為は色素沈着を進行させる原因となります。

ですので、低刺激タイプのボディソープを泡立ネットを利用してしっかり泡立ててから、指の腹を利用して優しく撫でるように洗うだけでも肌の汚れやデリケートな部位の汚れもしっかり落とすことが出来ますし、皮脂を落としすぎないので臭いも未然に防ぐことが出来ます。

既に出来てしまった色素沈着を少しでも薄く、元の綺麗な肌に近づける為に心がける必要があるのが、普段の生活習慣をきちんと正すことです。

古い角質は通常ターンオーバーによって自然に剥がれていきますが、生活習慣やホルモンバランスの乱れが生じるとターンオーバーが崩れて古い角質が蓄積してしまう危険があります。

そのため毎日充分な睡眠をとることや、健康な体を維持する為に必要な栄養バランスの整った食事をとるようにすることもとても大切になってきます。

皮膚科やクリニックでのデリケートゾーンの黒ずみの治療方法

デリケートゾーンの黒ずみで悩む方は意外と多いと思います。皮膚科の治療法としてあげられるのが投薬法とレーザー治療があるようです。

そもそもこの黒ずみの原因は摩擦による色素沈着とされています。

投薬治療

投薬法としては、市販の薬もありますが、医師による指示でしか出せない薬の方が圧倒的に効果がありますので、皮膚科やクリニックの投薬法をみていきたいと思います。

まず薬の成分で効果的なのが、ハイドロキノンで、美白成分がビタミンCやプラセンタの100倍といわれています。メラニンの色素を減少させる効果とメラニンの育成を弱める効果があるとされています。

今ある黒ずみをケアし、今後できるであろう黒ずみも減らせる事ができそうです。このハイドロキノンと一緒に使うと効果的なのがビタミンAの50倍とされているトレチノインです。

古い角質をはがすピーリング効果と、新しい皮膚を再生するターンオーバーを促す効果が期待できる成分です。

ハイドロキノンと一緒に使うことで、より効果的に治療できるとされています。ただこの薬を使う時の注意として、成分が強すぎるので必ず医師の指示に従って使うようにしましょう。

また、このハイドロキノンとトレチノインはともに酸化しやすいので、高温多湿や直射日光をさけて保管し、開封未開封に限らず1か月以内に使い切るようにしましょう。

酸化してしまうと成分が強くなってしまうので、1か月を過ぎた場合は使用を控えましょう。

妊娠・授乳中もこの成分は摂取できません。妊娠予定の方も避けた方がよいでしょう。

妊娠中はホルモンバランスの関係で体の至る所の黒ずみが気になってしまうと思いますが、出産が終わればまた元に戻りますので妊娠中は様子をみてください。

レーザー治療

投薬によっても解消できなかった時にはレーザー治療です。医療用のレーザーを当て、皮膚の奥深くのメラニン色素を破壊して黒ずみをなくすというものです。

レーザーによって破壊されたメラニン色素は、肌のターンオーバーによって表面に浮き上がり剥がれ落ちていきます。

そのためレーザー治療は複数回行う事となります。使用する機器としてレーザートーニングというものがあり、レーザーのエネルギーが当てる面に対して均等にいきわたりますので、Vラインにむいています。

また弱い力で当てても、メラニン色素を破壊できますので安心して使うことができます。

このレーザートーニングは場合にもよりますが、施術時間は5分から20分ほどで終わります。

仕事帰りなどにも施術可能で、わざわざ仕事を休まなくても施術を受ける事ができます。

使う機器や料金は皮膚科やクリニックによってさまざまですので、口コミなど事前にできるだけ調べ選ぶようにしましょう。

皮膚のトラブルを避けるためにも異変を感じたらすぐに医師に相談するよう注意してください。

基本的にはどこのクリニックでも無料カウンセリングを受けることができますので、興味があればいちど受けてみてください。

摩擦などの刺激でデリケートゾーンの黒ずみができる理由

デリケートゾーンの肌は薄く、とても繊細です。脚や腕など、外部への露出が多い肌に比べて刺激を受けやすく、ちょっとしたことで変化してしまいます。

紫外線も当てていないし、ごしごし洗って黒くならないように気を付けていたのにいつの間にか黒ずみができているという場合には、摩擦などの刺激が原因となっている可能性があります。

ではデリケートゾーンはどうして刺激で黒ずんでしまうのでしょうか。その理由はメラニンにあるのです。

紫外線や摩擦で肌にメラニンが生成します

肌は紫外線や摩擦などで刺激を受けるとメラニンを生成します。メラニンが生成されることによって、肌は火傷したり、炎症を起こしたりといったトラブルから逃れることができるようになっています。

メラニンの色素は黒く見えることから、結果的に黒ずみが発生したように見えてしまいます。

夏の海でたっぷりと日光を浴びると日焼けをしますが、これもメラニンが肌を刺激から守ろうとして活発に生成された結果です。

日光を浴びていないのにメラニンが生成されて黒ずみができたという場合は、下着や衣服が原因として考えられます。

薄い下着を刺激として意識する人は少ないでしょう。しかし下着であっても、弱いデリケートゾーンにとっては充分な刺激です。

歩いたり座ったりといった日常動作に加え、ほんのわずかに触れて擦っただけでもメラニンは生成されていきます。

刺激を起こしやすい素材が下着に使われていた場合は猶更でしょう。一回につき生成されるメラニンがごくわずかであっても、積み重なれば来い黒ずみとして残ることになります。

摩擦による肌のターンオーバーの異常が原因になることも

また、ターンオーバーも黒ずみを作る原因として挙げられるでしょう。通常ならば肌は活発に新陳代謝を繰り返しており、古い肌は新しく作られた肌へと生まれ変わります。

この過程をターンオーバーといい、すべての人にあらかじめ備えられた機能です。

ターンオーバーは通常ならば28日程度を一周とし、古い肌は角質となります。新しい肌が体を守る一方、角質となった古い肌はやがて自然に落ちていきます。

デリケートゾーンにも他の部位と同じく、ゆっくりとターンオーバーが行われています。メラニンによって黒くなった部分はターンオーバーで一新され、白く新しい皮膚に生まれ変わるのですが、問題はターンオーバーが予定通りに行われなかったり、効果が薄かった場合です。

残念ながら皮膚はターンオーバーさえすえればすべて新しく入れ替わるというものでもありません。すでに色素沈着が発生してしまった場合には、黒ずんだ肌は残ることになります。

女性にとってデリケートゾーンは見えないからこそ気になる部分です。まずは黒くさせないこと、万が一黒くなってしまったら早めにケアを行うといった対策が必要です。

身に着ける下着を圧迫しないものに変えたり、摩擦が起きやすい素材は避けたりといった気遣いをするだけでも、これから数年先の結果が違ってくるものです。早い段階からケアを行えば、手間は費用も少なくて済みます。

デリケートゾーンに黒ずみがある場合の脱毛について

デリケートゾーンと言えば、黒ずみが発生しやすい部位なので、脱毛の際には心配になる人は多いでしょう。

しかし黒ずみがあるからと言って施術できないということはなく、真っ黒になっていなければ脱毛することは可能です。

誰でも多少は黒ずみがある部位なので、一般的なサロンでは施術ができるようになっています。

心配な人はサロンに行って、どの程度かを診てもらうと良いですが、通常の場合、ほとんど問題なく施術はしてくれるようです。

そのため、毛と同じくらい黒っぽい場合を除けば、諦める必要はないでしょう。

デリケートゾーンの脱毛施術を断られることもあります

デリケートゾーンの施術を断られるケースは、黒ずみが酷くて真っ黒な場合です。

脱毛は黒い色に反応する光の力で毛根にダメージを与えていくので、肌に黒っぽい部分があると施術ができないことになります。

肌の上にほくろやシミがあると、その部分を避けないといけないのと同様、あまり黒いと施術はできません。

ただし、デリケートゾーンの黒ずみが酷くて施術ができない場合でも、少し工夫することでできるようにすることは可能です。

その方法は、専用の美白アイテムを使う方法で、美容皮膚科などに行けば、美白のための専用のクリームが用意されています。

専用クリームを施してから、レーザーで施術すると綺麗な状態になることができて、肌が白くなります。

デリケートゾーンは敏感な部位になるので、医療機関による美白対策は効果的で、通常の美白アイテムよりも効果が出やすいです。

美容皮膚科には、まずレーザーで皮膚表面を焼いてから肌を白くする施術もあり、肌を白く綺麗にしてから毛の処理へと移行します。

ただこの方法は、肌表面を焼いた日に毛の処理ができないので、ある程度期間がかかり、その分費用が高くなります。

いろいろな脱毛施術があります

光やレーザーで施術ができない場合、ニードル脱毛でするのも1つの方法です。

毛穴に一本一本針を入れて焼く方法なので、肌の色が黒くても問題がなく、毛穴の部位さえわかれば処理できます。

しかし痛みがかなり強い欠点があり、光やレーザーよりも施術に時間がかかるので苦痛を伴います。

元々デリケートゾーンは敏感な部位の施術になるので痛みは強いのですが、ニードル脱毛の場合、さらに痛みが強くなります。

そのため、痛みに対してあまり強くない人にとっては、不向きな施術と言えます。

痛みに耐えるのに自信がない人は、美容皮膚科に行って表面麻酔をしてもらって施術してらうと良いでしょう。

まずは脱毛サロンやクリニックに相談しましょう

デリケートゾーンに黒ずみがあると脱毛を躊躇してしまいますが、色が濃いと思ってもまずはサロンで相談してみることです。

医療機関の場合は、特に対応しているところが多く、美白対策を施すことでトータルケアしてくれます。

色が濃いと誰でもできないというわけではなく、施術できるところは沢山あるので、とりあえず安心していいでしょう。

極端に色が濃い場合は火傷のリスクがありますが、その辺のことも考慮して施術してくれるので、悩むよりも相談した方が早いです。

ほとんどの場合、施術はできるので、まずはサロンや美容皮膚科に相談してみることです。

デリケートゾーンの黒ずみはどのようにケアすればよいのか

デリケートゾーンの黒ずみが気になる方も多いのではないでしょうか。

他人からは見えない箇所ですが、黒ずんでいると気分も沈んでしまいます。

今では黒ずみをケアする商品も続々と登場し、一人でも簡単にケアすることができます。

エステサロンなど専門店に頼らなくてもいいので、時間もお金もあまり気にする必要はありません。とはいってもデリケートゾーンなので敏感ですし、炎症やかゆみがでたらどうしようと考えてしまいます。

最適なケアを行うことでより早く確実に綺麗にすることができます。黒ずみとは、毛穴に詰まり取れなくなった老廃物が、毛穴を広げることで黒く見えるものです。

この中には皮脂や汚れなども溜まっており、ケアが行き届いていない状態ということになります。

また、刺激によりメラニンが作られてしまったり、乾燥で角質硬化が荒んでしまった時にも黒ずみとなって現れます。

膝や脇、デリケートゾーンは代表的ですが、バストトップやくるぶしなど、悩む箇所は人によって違います。

刺激でメラニンが生成されてできた黒ずみの原因は紫外線や擦れによるものです。日焼けや、下着による擦れが続くことで、肌がダメージを受け黒ずんでいきます。

紫外線対策はできますが、下着は毎日身につけなければならないので、対処方法に困ってしまいます。

膝をつくなどの動作をするとメラニンが生成されることがあり、黒くなってしまうと考えられます。あまり知られていませんが制汗剤でも黒くなってしまいます。

制汗剤は肌にとってはあまり良くないもので刺激物とみなされます。特に夏には、リフレッシュする道具として頻繁に使用する制汗剤ですが、頻度に気をつけた方が良さそうです。

毛穴を綺麗にしようとスクラブ入りの石鹸を使用する方もいると思いますが、これも刺激になるのでできれば避けたいものです。

毛の処理で使用するカミソリや手抜きもよくありません。黒くなってしまったデリケートゾーンのケアは、肌刺激を減らしてあげれば良いということになります。

擦れを軽減すれば肌ストレスが減り、肌のターンオーバーが正常に行われるようになると考えられます。

デリケートゾーン専用の石鹸やクリームでケアしましょう

しかし下着を外して生活するわけにはいきません。そこでデリケートゾーン専用の石鹸やクリームが役立ちます。

これらの商品には、ターンオーバーを正常に戻してくれる働きもあるので、試しに使ってみるのも良いでしょう。

美白に特化して作られているので、肌を白くするのに有効的な成分がバランスよく配合されています。

確実性を重視するなら皮膚科に行くのも一つの方法です。通院する手間と料金はかかりますが効果は絶大です。

即効性を望む場合にはレーザー治療もあります。自分一人ではケアを続けることが不安な方におすすめです。

どちらにせよ、何よりもまず予防が大切です。肌を締め付けすぎない、洗いすぎないといった日頃からできるものを上手に取り入れていきましょう。

黒ずみは大変気になりますが、本気で綺麗にしようと思えば方法はいくらでもあります。自分に合うもの探し、綺麗な肌を取り戻しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみとメラニンの関係

綺麗に見せたいと体のケアをしていく中で、デリケートゾーンの黒ずみがあると、汚れてしまっているようにみえるので、なんとかしたいと思うのが自然です。

でも、何故黒ずんでしまっているのか、ということを理解しなければ、綺麗な肌に戻ることは出来ません。

黒ずんで見える原因はメラニン

汚れのように見える黒ずみですが、一体何がそのように見せているのかというと、メラニンです。

日焼けをすると、肌が黒くなりますが、それと同じことがデリケートゾーンに起きています。
通常の日焼けだったら、何日かすれば黒くなった肌が、剥がれて元の白い肌に戻ります。

ところが、デリケートゾーンは黒ずんでしまうと、そのままの状態で、元にはなかなか戻りません。その理由は、色素沈着して肌にメラニンが留まるからです。

では、どうして黒ずんでしまうのか、という始まりから流れを見ていきましょう。

肌は、紫外線を浴びたり、擦られた時などダメージを受けた時にメラニンを生成します。黒くなった肌はバリア機能を持ち、それ以上のダメージを受けないようにします。

デリケートゾーンであれば、普段は紫外線を浴びることはまず無いし、あまり触ることもないのに、どうしてダメージを受けてしまうのかというと、常日頃身につけている下着のせいです。

下着をつけて歩いたり座ったりしているときには、知らず知らず肌を摩擦しています。

また、無駄毛の処理をするために、カミソリや脱毛器を使うことも、肌に大きなダメージを与えます。特にカミソリはシェービングローションを使っていたとしても、刃で毛だけでなく肌の表面を削っているわけですからその影響は無視できません。

他にも汗や汚れが毛穴に詰まったり、ストレスによってもメラニンが生成されることがあるので、どのような生活を送っているのかも関係してきます。

いつまでも黒ずみが残るのはなぜ?

そうして生まれた黒ずみですが、日焼けと違っていつまでも残るのは、肌の新陳代謝が上手く機能していないことが原因です。

肌の新陳代謝が上手く言っていれば、古い肌細胞が新しい肌細胞に置き換わり、赤として剥がれ落ちる際に、メラニンも一緒に排出されるからです。

肌の新陳代謝が乱れてしまうのは、加齢やストレス、睡眠不足、食生活、妊娠などいろいろな要因が考えられます。

いずれにせよ、デリケートゾーンの黒ずみを解消したいのであれば、それらの要因を取り除くことが根本的な解決方法となります。

生活習慣を見直し、ストレスなどを解消していけば、徐々に黒ずんだ部分が薄くなっていきます。

でも、水着を着る予定が迫っているので、なんとかしたいというのであれば、ハイドロキノンを使った美白ケア化粧品を使うという方法もあります。

ハイドロキノンは、メラニンの生成を阻害し、同時に肌の新陳代謝を促し排出する効果があります。黒ずみを早く解消したいというときには、高い効果を期待できます。

気をつけなければ行けないのは、高濃度のハイドロキノンを長期間使い続けてしまうと、まだらに白くなってしまう白斑などの副作用が懸念されます。

使用するのであれば低濃度の商品を選んだほうがリスクを抑える事ができます。