出産後にデリケートゾーンの黒ずみを自宅でケアする方法

出産後にデリケートゾーンが黒ずんでしまい、悩んでいるという人も多いでしょう。
黒ずみが発生しても基本的には自然に消えていくのですが、出産後のストレスやホルモンバランスによってはなかなか治らないこともあります。
出産後は自身でケアを行うのが難しいと感じている人もいるかもしれません。
しかし、簡単にできるケア方法もあるため、チェックしてみると良いでしょう。

出産後のホルモンバランスの変化が黒ずみの主な原因です

産後に黒ずんでしまうのは妊娠時にホルモンバランスが変化することが主な原因であり、妊娠するとプロゲステロンという女性ホルモンが多く作られるようになります。
それによって黒ずみを引き起こすメラニン色素の働きも活性化するため、デリケートゾーンに黒ずみが発生してしまうということです。
原因であるメラニン色素をきちんと排出することにより、産後に発生してしまった黒ずみをケアすることができます。
そのためには肌のターンオーバーを整えることがポイントです。新陳代謝を高めて肌のターンオーバーを整えることによる、メラニン色素をきちんと排出することができますし、肌を元の綺麗な色に戻すことができるでしょう。

妊娠中にできてしまったデリケートゾーンの黒ずみはできるだけ早くケアすることがポイントです。新陳代謝をアップさせるためには専用のクリームを使ってケアするのがおすすめです。
出産後の肌はとても敏感ですし、丁寧にケアするように心がけましょう。専用のクリームは敏感な女性の肌にも優しく作られており、肌に負担がかからないので安心して使うことができます。
肌を整える成分やメラニン色素を排出する成分が豊富に含まれており、肌を綺麗にする効果が期待できるでしょう。

クリームだけでなく専用石鹸も使用すると良いでしょう

また、クリームだけでなく専用の石鹸を使うという方法もあります。クリームと石鹸を一緒に使うとさらに効果がアップしますし、中には臭いをケアする成分が入っている商品もあるため、チェックしてみると良いでしょう。

普段使っている石鹸を変えるだけなので簡単ですし、さまざまな悩みを解消してくれることがポイントです。
デリケートゾーン専用の石鹸は肌に優しく作られているため、全身に使えるというメリットもあります。殺菌力の高い薬用石鹸だと刺激が強すぎますし、黒ずみが悪化してしまうこともあるので注意しましょう。

下着やタオルの素材にも気をつけましょう

ちなみに、デリケートゾーンに強い刺激が加わるとメラニン色素が多く作られてしまうこともあります。そこで刺激を減らすために下着を綿や絹、麻の素材のものにするのがおすすめです。
そのような下着にすれば通気性が良くなりますし、蒸れにくくなるので肌への負担を減らすことができるでしょう。

また、入浴後に体を拭く時は柔らかいタオルを使うことも大切です。メラニンをより早く排出するためには肌のターンオーバーをきちんと働かせることが重要です。
そのためには外側からのケアだけでなく内側からのケアも大切であり、たんぱく質やビタミンA、ビタミンC、亜鉛、ビタミンEなどの栄養素を積極的に摂取すると良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*