デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで治す方法

レーザー治療は主に2種類あります

1つはインティマレーザーです。

Iラインの表面の黒ずみは、大陰唇や小陰唇に蓄積されて厚くなっています。
その厚くなっている角質や、色素沈着してしまった皮膚の黒ずみ部分を削り取るのがインティマレーザー治療法です。

もう1つは、レーザートーニングです。
VラインやIラインなどの表面的な黒ずみを、角質へ負担を少なくするための方法で、弱い出力でムラなく均等に照射して治療をします。

インティマレーザー法は、皮膚を削り取る治療のために麻酔処置が必要になります。
レーザートーニング法では、肌への負担が少ないとされています。
このようにレーザー治療には、処置の違いがあります。

レーザートーニング治療について

美容クリニック等で行われる治療法で、肝斑やシミなどの肌トラブル全般に使用されています。
弱いレーザー照射での治療ですから皮膚炎症を起こす心配はありませんし、角質層の薄いデリケートゾーンにも安全に治療を行うことができるとされています。
デリケートゾーンの黒ずみ対策としては、とても多く使用されている方法です。

麻酔をかけるほどの痛みではないのですが、レーザー照射時に「ゴムでパチンと弾かれる程度の痛み」はあるため、皮膚を冷却しながら治療することで痛みを和らげる方法が取られています。
治療費用は「黒ずみの程度」で違ってきますが、平均としてはVライン、Iラインのパーツに分けて行われ、各1回10000~20000円ほどになります。

肌に優しく弱いレーザーを利用した治療では、何回も繰り返して段々黒ずみを薄くしていく複数回の施術が必要です。
単発での治療ではない「複数回のパック」を利用することで、施術料金が割安になるなどお得な治療を受けることも可能になります。

インティマレーザー治療について

セルビウムYAGレーザーというインティマレーザーを使用する治療法は、表面的な皮膚のシミを消すレーザー治療とは違って、黒ずみが気になるデリケートゾーンを内側から治療するという特徴があります。

この治療の特徴は、黒ずみの原因が「下着や衣服の擦れによってメラニン色素が蓄積」しただけではなく、「年齢を重ねて肌の角質層が厚くなっている」場合にも、治療を行うことができるところにあります。
薄い層ごと削り取って、黒ずみを効果的に改善することができるのです。

肌に優しいレーザー使用とは違い、皮膚を削り取る治療を行うために治療時の痛みも強くなります。
麻酔クリームを、患部に塗ってから治療するという方法が取られています。
麻酔は15分ほど効果がありますから、その間に治療は済んでしまいます。
角質が肥え厚くなってしまった黒ずみを削り取ってしまうので、一度の治療で黒ずみは解消することができる方法とされています。

何度も弱いレーザー治療に通うのは嫌な方には、費用は1回で98000円と高価にはなりますが、向いているでしょう。

失敗しないクリニックの選び方

デリケート部分の黒ずみ改善のために、医療機関探しをするのは時間的にも、また費用的にも問題があるでしょう。
特にレーザー治療は保険適用外なので費用が高くなりますし、さらにそれ以上に医療機関探しに失敗したくないと思う方は多いはずです。

そんな迷っている方には、全国的に多く医療施設を展開している大手の医療機関を検索することをおススメします。
希望する治療の症例や実績の高さ、実際に治療中の方や治療を完了した方の、詳しい口コミ評価などを参考にする方法が取れるからです。

多くのクリニックや医療機関では、治療前に詳しい無料のカウンセリングを受けることが出来ます。
そして、無料カウンセリングを通してそのクリニックや医療機関の雰囲気や、カウンセラーの説明態度、心配なことに関する質問など、細かくチェックができます。
自分に合った治療法かどうか、信頼できるクリニックなのか、口コミだけではなくしっかり自分で確かめましょう。

さらに自分の肌質や症状に合わせた治療を受けることは可能でかどうか、症状に合わせて複数のレーザー機器を使い分けている医療施設を選定するのにも、役にたってくれますよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*