脱毛後のデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策方法について

デリケートゾーンの脱毛後に皮膚がヒリヒリしたり痒みを感じることがあります。

これは処理によって肌が敏感になっている証拠であり、バリア機能が弱まっていますのでちょっとした刺激で肌中のメラニン色素が増えてしまいます。

生成されたメラニン色素よりも排出量の方が多ければ問題にはなりませんが、生成量の方が多くなると肌中に留まる量がどんどん増えてしまい、それが黒ずみにつながります。

デリケートゾーンは他のパーツよりもリスクの高い場所でもあります。

下着と常に密着する部位ですので、生地とこすれることによってたえず刺激を受けています。

一回ごとの刺激はごく小さなものであっても、それを受け続けていれば肌には大きな負担になりますので、生成されるメラニン色素の量も増えてしまうことは容易に想像ができます。

下着に関して心当たりのある人は、あまり締め付け感のないゆったりとしたタイプを着用することが重要であり、素材選びも重要です。

通気性の悪いものは汗が乾かなくて摩擦が大きくなりますので、汗をしっかりと吸い取って乾きやすいものがおすすめです。

紫外線の影響を受けない場所ですので外的刺激を受けることも少ないと思ってしまうことが多いのですが、摩擦も黒ずみの大きな要因になりますので覚えておくと便利です。

脱毛後の黒ずみケアは十分に行いましょう

脱毛をしていない時であってもリスクになりますが、脱毛後はその影響が顕著に現れます。

回復前の過ごし方でその後の肌コンディションが左右されますので、健やかに保てるように衛生面に気をつけながら摩擦を減らすことが大切です。

摩擦以外では、皮膚が乾燥することも黒ずみの要因になります。脱毛後はそれまでムダ毛の生えていた毛穴がぽっかりと空いた状態になりますので、そこから水分が失われやすくなります。

普段から刺激をたくさん受けていて肌が厚くて硬い状態になっている場合には毛穴がなかなか閉じませんので、長期にわたって毛穴の開きが気になることになります。

毛穴が開いて乾燥が進むと、肌のバリア機能が低下して防御反応が過剰に働きます。肌を守るために生成されているのがメラニン色素ですので、生成量が一気に増えて肌を守ろうとし、黒ずみができるリスクが高まります。

乾燥しがちの肌には保湿ケアが重要であり、十分過ぎるくらいに保湿を行うことが大切です。肌中の水分量が増えてくると油分とのバランスが良くなり、肌細胞の働きが活性化されます。

そうするとターンオーバーが活発になって古い細胞の排出が早まりますので、メラニンを含む肌細胞を効率良く減らしていくことができます。

保湿を行うことは外的刺激から肌を守ることにもつながります。バリア機能を高めることによって摩擦などの刺激を受けにくくなり、メラニン色素の生成量も減らすことができます。

刺激に反応しにくい丈夫な肌を作るためには、普段から顔のお手入れを行うのと同じように保湿ケアを行うことが大切であり、季節によってケア方法を変えるのも有効です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*