お肌におけるメラニン色素の役割について

お肌の大敵、天敵と呼ばれる存在は数々ありますが、シミやそばかすを作る元凶となる要素に「メラニン色素」というものがあります。
メラニン色素が最も沈着する(黒ずみになる)瞬間が、日焼けです。
お肌が紫外線を受けると、メラニン色素は沈着し、日焼けが起こります。

沈着することで人間の細胞、お肌を守るのです。
ですので、色白の方は紫外線に比較的弱いということがあるのです。
そもそも紫外線は人体にあまりいいものではなく、シミやそばかすはもちろん、湿疹などの原因にもなります。

メラニン色素がお肌を守る

メラニン色素は、紫外線などといった、あらゆるダメージからお肌を守るために存在しています。
大きく分けて二つの種類があり、人体の肌の色を形成する色素でもあります。
黒人の肌や、日本人の黒髪を形成しているのがユーメラニン、白人の白い肌を形成しているのがフェオメラニンとされています。

日本人が持つユーメラニンは、紫外線から発生した活性酸素を消す役割があります。
活性酸素はお肌の老化などを引き起こす要素に思われますが、実は体に入り込んだ細菌などを殺し、細胞を守る役割があります。
ただ、増えすぎると細胞にダメージになり、老化になるのです。

紫外線が当たることで、活性酸素が急激に増えるため、お肌のトラブルになります。
しかも、活性酸素から守るべく、メラニンが活動した結果表れるのが、日焼けやシミ、そばかすなどなのです。

女性から見るとどれも絶対になりたくないものなのですが、活性酸素とメラニンの反応と、人体のお肌の仕組みはこのようになっているのです。
人体がお肌を守る仕組みですので、どうにかして付き合っていく必要があります。

黒ずみ、シミ予防にやるべきことは、紫外線に直接あたるのを避ける、そしてダメージを与えないということです。

脇の黒ずみは、ダメージのせい

脇やひざ、肘の黒ずみは、やはり「お肌へのダメージ」によるものです。
でも、特にダメージになるようなことはしていない、とお思いの方も多いはずです。

お肌は、繰り返し刺激を受けると、その部分に「痕」として残ります。これがいわゆるシミです。

特に、どれだけ丁寧に、傷をつけないように自己処理をやっても「毛を剃る」という作業は、お肌にとってみると十分ダメージになります。
大きな刺激と感じて、メラニンが肌を守るべく働きます。それも、ここぞと言わんばかりに活発になるのです。

これはムダ毛処理以外にも、歩くときに脇がこすれることでも、同様です。
言い換えれば、一度克服してきれいになったとしても、再び黒ずみになる可能性が誰にもあるということです。

さらに当然、脇以外でも同様です。
例えば肘やひざの関節、乳房なども、普段の生活でこすれる部分かと思います。

わきの下や肘、ひざなどに紫外線が当たった覚えがないのに、黒ずみが起こるのは、このようなことがあり、メラニンが増えるためです。
正式には「炎症性色素沈着」というものです。
小さいものでも、お肌に刺激が何度も与えられることで、お肌の炎症となり、黒ずむのです。
最悪、表皮細胞ではなく真皮層にまでメラニン色素が沈着すると、ターンオーバーでは治らなくなり、非常に長い年月が必要になります。
真皮層はターンオーバーがなく、その代わり不要な細胞を掃除するマクロファージという白血球が働きますが、ターンオーバーよりも遥かに長い時間がかかります。

ちなみに、お顔の肌はわきの下などよりは丈夫な部分ですが、毎日の洗顔をごしごしと強くこすっていては、顔の肌が黒ずむ可能性もあるのです。

黒ずむ原因を突き止めて、対策をする

原因を突き止めて、それに応じた対策が必要です。
原因を放置していれば、どれだけ回復のために力を尽くしていても、治りにくく、治ってもすぐに再発します。

お肌の黒ずみは、脇に限らず、きちんとケアしていけばしっかり回復していきます。=脇の黒ずみを消す
時間は必要ですが、あきらめずに時間をかけてケアすることで、元に近い白さを取り戻せます。

再発防止のためのケアも必要

そしてもちろん、再発防止のためのケアも必要です。
まず一番に考えることが、自己処理の方法です。
カミソリでやっていれば、その分ダメージになりますので、レーザー脱毛をして、自己処理の必要がないレベルにするのも有効です。
クリニックで行う永久脱毛ではなくとも、サロンの脱毛でも最近は非常に高い効果があると評判です。

コストなどで脱毛が難しい場合は、カミソリからシェーバーに変えて自己処理をするなどの対策もおすすめです。

こすれによる黒ずみであれば、ぴったりとしたきつい服のせいで、歩く度にこすれていると考えられるのであれば服を変えたり、かぶれによって黒ずみが起きている場合には、使う制汗剤の種類を変えてみるというのも手です。
また、日焼け止めのアイテムも、最近のものはとても高性能かつ低刺激なものが多いですので、是非とも活用していってください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*