薬局や市販のクリームではデリケートゾーンの黒ずみは解消できない理由

デリケートゾーン専用クリームは店舗には売っていません

最近では、デリケートゾーンの黒ずみを気にしている女性が多くなってきています。脱毛を始めたことがきっかけで気にするようになる女性も多く、専用の対策を行っています。しかし、どのようにしてケアを行えば良いのでしょうか。
真っ先に思い浮かぶのが市販の専用品を購入することですが、実はデリケートゾーン専用のクリームなどは、店舗では販売されていません。むしろ、適切な商品を使わないことで悪化してしまうケースもあり、注意が必要です。

間違った美白ケア商品を使うと悪化する可能性があります

調べてみると分かりますが、デリケートゾーン専用の黒ずみ解消クリームは、薬局では販売されていません。仮に販売されていたとしても、その商品を手に取ってレジに行くのは、なかなかできない人が多いのではないでしょうか。このような人に知られたくない商品は、ネット通販で購入する人がほとんどです。そのため、売れない商品を店頭では取り扱っていません。
仮に、だからといってデリケートゾーン専用ではない別のクリームを使用してしまうと、場合によっては悪化してしまう可能性があります。その理由ですが、デリケートゾーンは他の部位の肌と違って薄くて繊細です。そのため、一般的な美白クリームでは刺激が強く、炎症を起こしてしまうことがあります。
そして、肌の炎症を起こした部分にメラニン色素が発生し、本来よりも黒ずみが強く出てしまうのです。このような場合はクリームの使用をすぐに中止し、皮膚科を受診するようにしましょう。デリケートゾーンは繊細な部分であることから、それ専用の商品を選ぶ方が安全です。

デリケートゾーン用の黒ずみクリームを選ぶ際のポイント

間違ったケア用品を使って悪化させないためにも、どのようなクリームを選べば良いのかを知ることが大切です。そこで、デリケートゾーンの黒ずみ解消クリームの選び方ですが、次の点を確認しましょう。

1 原材料が無添加であること

まず、肌に優しい成分で、無添加であることです。前述した通り、デリケートゾーンは繊細な部位です。そのため、使用するクリームは肌にとって負担とならない低刺激な成分である必要があります。

2 美白成分が配合されている

次に、美白成分が配合されていることです。美白成分には様々なものがありますが、おすすめはトラネキサム酸です。医薬部外品として認可を受けている成分なため、効果がありながらも安心して使用することができます。

3 保湿成分が配合されている

そして最後に、保湿成分や肌の調子を整える成分が配合されていることです。黒ずみの原因は、肌のターンオーバーが乱れていることが挙げられます。そのため、肌の調子を整えてくれるような成分が配合されていることで、黒ずみができる原因を根本から取り除くことができます。

通販サイトでは効果的な専用クリームが売っています

通販サイトであれば、デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームが販売されています。それが、イビサクリームです。黒ずみケアをしっかり行いたい女性が多く利用しているクリームで、雑誌などのメディアでも紹介された実績を持つ人気のクリームです。
ターンオーバーの乱れを改善するために保湿成分が豊富に含まれており、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kの2つの成分によって高い美白効果が得られます。
この2つ以外にも、植物由来の4種類の美白成分に、8種類もの保湿成分が配合されており、デリケートゾーンの環境を理想の状態に保ちます。成分はどれも肌に優しく低刺激なものばかりで、香料や着色料、鉱物油、アルコール、パラベンは一切含まれていません。
そのため、このクリームは赤ちゃんでも使用できるほどの優しさで、もちろん敏感肌の人でも安心して使用することができます。品質管理においても徹底されており、すべて国内の工場で製造された安心のクリームです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*