デリケートゾーンの黒ずみに効果がある石鹸の選び方

デリケートゾーンに使用する石鹸の特徴は、弱酸性に処方されています。
微妙な部分の洗浄には、人間の肌のペーハー(pH)値を考えた上で処方されているのが特徴で、強い刺激の無い優しい洗浄能力が求められるからです。
もし、刺激の強い場合には黒ずみ発生の原因にもなりかねません。
黒ずみが発生している場合には、さらに優しく刺激が無い石鹸を使用すべきなのですから、充分に注意して選びましょう。

デリケートゾーン専用石鹸を正しく選ぶ方法

ポイントとしては、内容成分のチェックが重要になります。
石鹸の有効成分が、黒ずみ解消に適しているかを調べることです。

美白成分の強いもの、美白効果が大いに期待できるものが含まれていれば、良い結果が期待できます。
一例として「ジャムウ」が挙げられますが、これはハーブを調合した民間調合薬で、古い角質を落とす効果に優れているといわれています。

皮膚の新生(生まれ変わり)効果が高いとされていますので、黒ずみ減少にも効果が期待されます。
さらに「ジャムウ」には殺菌や制汗という働きもあるようなので、気になる臭いの対策にも効果がありそうですね。
私の体験では、確かに使用前より臭いは気にならなくなったように感じました。

そして、気分的なものもあるのでしょうが、臭いが気にならなくなったと同時に黒ずみも薄くなっているように思いました。
デリケートゾーンの気になる黒ずみや臭いに、嬉しい効果が出るようなので、注目してください。

デリケートゾーンの正しい洗い方

まずは、石鹸の泡立て方から説明しましょう。
きちんと顔を洗うことと同じか、それ以上に泡立てが重要になります。
まさか、石鹸をデリケートゾーンに直接塗ってこすり洗いする人はいないでしょうが、顔よりずっとデリケートなのですから、優しく洗うことがポイントになるのはお分かりでしょう。
強く擦ったりすることはタブーですし、擦る刺激が黒ずみの原因にもなります。
洗顔と同様に、たっぷりと泡だてることが必要です。

そして、デリケートゾーンに泡を置いて3分くらいはそのままにするのがポイントです。
時間を置くことで成分が浸透しやすくなり、本来の効果を最大限に発揮させることができます。
泡をつけるポイントは、表面だけではなく細かい部分にもしっかりつけることです。

しばらく放置したら、ボディタオルだけでなく指も使いながら細部も丁寧に洗いましょう。
でも、膣の中までの洗浄はいりません。

膣内の良い菌を石鹸によって減らしてしまうことで、悪い菌が繁殖して性病に掛かりやすくなるといった危険性があるからです。
最後にぬるま湯でしっかりと洗い流しますが、ここもポイントです。
熱過ぎる湯での洗浄は、皮膚を乾燥させて刺激に弱い肌状態にしてしまいますから、注意が必要です。

デリケートゾーンの黒ずみは石鹸が効果的です

黒ずみ対策で最初に試みるには、「石鹸での対策」が簡単で効果的です。
毎日の入浴時のボディケアで手当てができるのですから、手間が掛からず有効ですよね。

黒ずみ対策のボディケアにはコツコツと続ける根気が必要ですから、なるべく手間の掛からない方法をまずは試してみましょう。
同時に臭いの対策も同時にできてしまいますし、デリケートゾーンへのケアは積極的に行うには恥ずかしく感じる行為ですから、パートナーに気付かれる心配もない石鹸対策はとても有効です。

さりげなくケアできることは、彼に知られる心配も無いということで安心感が生まれます。
でも、簡単だからこそ適切な行うことが必要になります。
泡立てを怠ったり、洗い方が雑になったり、誤った使用法になってしまっては、逆に黒ずみや臭いの原因にもなりかねません。
正しく使用法を守ってこその効果と肝に命じて、使用法をしっかりマスターしましょうね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*