デリケートゾーンの黒ずみに効果のある成分とは?

デリケートゾーンに黒ずみがあるとしたら、女性にとっては悩みの種になります。
人に相談し難い話ですし、不潔な印象を与えますし、異性には「遊んだ結果」かと誤解もされかねません。

そして、悶々と一人悩んでしまうことになりそうですね。
しかし、インターネット通販やドラッグストアでも「デリケートゾーンの黒ずみを改善するケア商品」が出ているのですから、あなた一人の問題でもないのです。

ケア用品のタイプは様々で、クリームやジェル、石鹸などがあります。
これらに含まれている成分が、「どのようなもので」「どのような効果があるのか」しっかり知ることで選ぶ際の参考にしてください。

効果のある成分の一覧

アルブチン

メラニン色素の働きを抑えてシミやソバカスなどを改善する成分です。
厚生労働省にも認可されている美白成分の中でも、特に効果が高いものです。
この成分が配合されたものを選ぶときには、肌に優しい天然アルブチンを選びましょう。

ハイドロキノン

沈着してしまったシミに効果を発揮します。
メラニンの生成を抑え、メラニンを作る細胞そのものを減少させる効果を持つ心強い成分です。
ただ日本では、濃度制限がかかっている成分なので、皮膚科医などの処方が必要になります。

ビタミンC

おなじみのビタミンですが、誘導体美白のビタミンと呼ばれています。
ビタミンC誘導体と呼ばれている成分は、より肌に浸透することができるように改良したもので、ニキビ等にとても効く成分として知られてもいます。
美白効果では、メラニンの色素を抑制し、抗炎症作用やコラーゲンの生成を促す効果があります。

プラセンタ

プラセンタは、肌のターンオーバーを促進する効果に優れていて、アンチエイジングにも効きめが凄いと定評がある成分です。
デリケートゾーンの黒ずみは、肌のターンオーバーが低下していることが原因の一つとされていますから、効果が期待できます。

アロエ

庭に植えられているのをよく見ますね。
火傷などに効く抗炎症作用がある成分ですが、シミやソバカスを薄くする効果もあり、また
メラニンの生成を抑制することから、予防にも役立てることができます。
さらに保湿効果もありますから、デリケートゾーンの乾燥によって起こる摩擦が原因の黒ずみにも効果を発揮します。

パルミチン酸アスコルピルリン酸

長い名前ですが、大きく分類するとビタミンC誘導体の一種とされています。
リン酸基とパルミチン酸基の2つが結合して作られていますから、ビタミンCの弱点でもある「酸化しやすく、また肌に馴染みにくい」という点を克服した成分です。
なんと、ビタミンCの1000倍もの浸透性を持つ心強い成分で、肌に浸透することでビタミンCに変化をし、美白効果を発揮してくれます。

フラーレン

聞きなれない名前ですが、女性の憧れであるダイヤモンドと同じ炭素の同素体物質だそうですよ。
しかも形はサッカーボールに似ているとか、とてもユニークで覚えやすいかも知りません。

紫外線を浴びることで生まれるメラニンを抑制し、メラニンによる色素沈着を抑える効果を持っているのですから、しっかり覚えてあげましょう。
近年注目を集めている理由が、美白成分がビタミンCの125倍にもなると言うこと。

デリケートゾーンを直接紫外線に当てる機会は非常に少ないと思いますが、紫外線は薄手の衣類であれば通り抜ける性質を持っています。
初耳だったのですが、目から紫外線を吸収することで、全身が紫外線を浴びるのと同じ効果が生まれてしまうとのこと、油断はできませんね。

白金ナノコロイド

強い抗酸化作用を持つ成分で、コエンザイムQ10やビタミンC、ポリフェノールなどを上回る効果が期待できる成分として、非常に注目を集めています。
紫外線の浴び過ぎによって発生した活性酸素に、直接働きかけることで肌を若々しく保つことが可能です。

浸透型ビタミンC

肌の表皮に作用する水溶性ビタミンC誘導体と、肌の真皮に作用する油溶性ビタミンC誘導体の両方のメリットを持つように開発されました。
新型ビタミンC誘導体とも言われていて、刺激が少なく浸透性が高いなどのメリットがあります。
浸透型のビタミンC誘導体には、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS アプレシエ)などがあります。

甘草フラボノイド

ビタミンCの257倍の美白効果を持っています。
カンゾウフラボノイドと言われ、メラニンの生成抑制作用に非常に優れています。
さらに活性酸素の除去効果で、若々しい肌をキープするとも言われています。

甘草フラボノイドは単体では肌に染み込ませることができませんが、油に溶ける性質を利用してホホバオイルなどと合わせて浸透させます。

フラバンジェノール

紫外線を受けることでできる、メラニンを作る酵素となるチロシナーゼを抑制する作用を持っています。
メラニンの生成や働きを抑えることができる上に、ビタミンCの600倍もの抗酸化力を持つとても頼もしい成分です。

ヒアルロン酸

美容ではなじみの在る成分ですが、元々人体に存在しているゼリー状の物質です。
保湿を目的とする化粧水やクリームなどに配合されていることが多い為、「美白効果があるのかどうか」と疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、保湿効果が高いからこそ、下着との摩擦などによって起こる乾燥状態を改善することができますし、また色素沈着を防ぐことができるのです。
黒ずみを予防する目的として使用します。

コラーゲン

保湿は美容には欠かせませんから、美容品としては有名な成分ですね。
肌にハリやツヤ、潤いをもたらす効果がありますが、美白にも深く関係しています。
充分な摂取は、肌のターンオーバーを正常に整えますから、黒ずみの改善にも役立ちます。

トラネキサム酸

アミノ酸の一種で、顔の肝斑治療薬として用いられることもあります。
メラニンの生成を抑制する作用や、炎症を抑える作用などがあるために、シミやソバカスを改善して美白効果を得ることができます。

グリチルリチン酸2K

代表的な消炎成分の一つです。
グリチルリチン酸ジカリウムとも呼ばれていて、マメ科の植物である甘草の根や茎から抽出される薬用成分です。

甘草といえば漢方でも有名な薬成分ですよね。
ですから直接的に美白効果がある訳ではなく、高い抗炎症効果がある為に、紫外線や摩擦による刺激から肌を守ることができ、結果的に美白につながると言うことのようです。
間接的効果と言うことでしょうか。

トレチノイン

シミやニキビの治療薬として使われています。
ビタミンA誘導体の一つで、古い角質を排除して皮膚の再生を積極的にする作用があります。

ハイドロキノンと併用で相乗効果を期待することができますが、日本国内ではハイドロキノンと同様に濃度制限がかかっています。
結果、皮膚科医などの処方が必要になることがほとんどです。

ビタミンE

皮膚の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進することができる成分です。
「若返りのビタミン」とも呼ばれていて、老化やシミ、シワなどの原因となる活性酸素を除去する作用があります。

紫外線の浴び過ぎによって体内では活性酸素が発生してしまいますが、メラニンの発生を抑え、また高い抗酸化作用によって、外部の刺激から肌を守るバリア機能を正常にする働きも持つ頼もしい成分です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*