デリケートゾーンの黒ずみとホルモンの関係

デリケートゾーンの黒ずみが気になっているという場合、黒ずんでしまう原因を知っておくと良いでしょう。

肌の黒ずみは主にメラニン色素が原因となっており、なぜメラニン色素が多く作られてしまうのかということですが、紫外線や外部からの刺激、ホルモンバランスなどが影響しているということです。

ホルモンバランスが崩れるとメラニン色素が多くなります

ホルモンバランスが乱れるとメラニン色素が多く作られるようになりますし、肌が黒ずんでしまうと言われています。

女性ホルモンには、大きく分けてエストロゲンとプロゲステロンという2つの種類があります。

この2つにはそれぞれ異なる働きがありますが、主に生理や妊娠、出産などに関わってくるということです。

エストロゲンは卵巣に関わっており、妊娠をするための排卵をサポートしています。

プロゲステロンは受精をした後に働き、受精した卵子が着床しやすいようにサポートをしているということです。

これらは脳の少し下にある脳下垂体という部分から分泌されており、シミや黒ずみにはプロゲステロンが関わっています。

プロゲステロンはホルモンバランスが崩れた場合、メラニン色素を作り出すメラノサイトを刺激してしまいます。

それによってメラニン色素が過剰に作られてしまいますし、色素沈着が発生してしまうということです。

どんな時にメラニンが過剰に生成されやすいのか?

どんな時にメラニン色素が過剰に作られてしまうのかということですが、生活習慣が乱れている時や過剰にストレスがかかっている時、妊娠中、更年期などに作られやすいということです。

生活習慣が乱れた状態が続いた場合やストレスの多い状況が続いた場合、肌荒れなどが起こりやすい人も多いでしょう。

これもプロゲステロンが関係していると言われており、生活習慣を見直してみることが大切です。

生活習慣が乱れている時はシミや黒ずみに注意をした方が良いのですが、自身でバランスを整えるのは難しいと感じるかもしれません。

しかし、黒ずみというのはどの場所でもメラニン色素が沈着することで起こる肌トラブルであり、メラニン対策をきちんと行うことで肌を綺麗にすることができるでしょう。

バランスが崩れてしまうとデリケートゾーンの肌自体が弱ってしまいますし、潤いが不足して乾燥してしまうことがあります。

肌のターンオーバーがきちんと働かないこともありますし、それによって黒ずんでしまうことがあるのです。

特にデリケートゾーンの肌は影響が出やすいため、できるだけ早く対処することが大切です。

ホルモンバランスが崩れているのかどうかは分かりにくいのですが、いくつかのサインがあると知っておきましょう。

バランスが崩れていると生理不順や生理痛が強い、生理中ではないのに経血のようなものが出てしまうなどの症状があります。

女性ホルモンは生理や妊娠に影響を与えているため、生理の時に症状が出てしまうと知っておきましょう。

このような症状が出てしまった場合、きちんとストレスを発散したり生活習慣を整えるなどの工夫が必要となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*