黒ずんでしまった脇を綺麗に元に戻したい場合、できれば簡単に市販の化粧品で治したいと考える方は多いと思われます。
でも、そう簡単には脇の黒ずみは綺麗にはなりません。

なるべく早く無短期間での治療には、レーザーでの治療が有効ですからお勧めします。
だし、レーザー治療には、皮膚科(皮膚に特化)と、美容皮膚科(肌を美しく見せる)の両方がありますから、自分にはどちらが必要かを考えてから選びましょう。

脇の黒ずみとレーザー治療

気をつけていても黒ずんでしまった脇に悩んではいませんか。
黒ずみの早期解決には、医療機関でのレーザー治療が早道だと思われます。
レーザー治療は患部に光を照射して行う治療法ですが、医療機関によって様々な呼び方が使用されています。
「ボディーレーザートーニング」「レーザーホワイトニング」「ボディQYAトーニング」等です。
とても弱いパワーのレーザーを使用して、シミや色素沈着を改善していく「ボディーレーザートーニング」は、脇の黒ずみには効果があるといわれています。

レーザー治療のメリットは、肌への負担を少なくしてメラニン色素を減らしていくことができますから、悩むよりも実行で問題を早く片付けてしまいましょう。

治療は、皮膚科や美容皮膚科のどちらでも受けられますから、レーザー治療を実施している病院などをきちんと調べた上で、まずは問診から始めると良いと思います。

レーザー治療について

レーザー治療の方法は、脇やデリケートゾーンの黒ずみにレーザーを直接照射し、真皮内のメラニン色素を破壊していくという治療になります。

ターンオーバーによって「レーザー照射で破壊されたメラニンは排出される」という働きを利用しているのです。
でもたった1回のレーザー治療を受けただけで、「脇の黒ずみがほとんどキレイになる」という訳にはいきません。
何回かに分けて治療することが必要になります。

ターンオーバーの期間も関係しますし、蓄積されてしまったメラニン色素の分解には時間が掛かります。
人によっても違いますので、充分に納得するような説明は受けましょう。
レーザー治療のメリットは、レーザーはメラニン色素にのみ反応して破壊していきますから、皮膚にダメージを与えることなく黒ずみを解消できます。

脇の黒ずみの場合には、「レーザートーニング」などの使用が多いようです。
レーザー治療に行く前には、黒ずみの種類や程度、どこの箇所の黒ずみを治療したいのかなど、自分でしっかりを確認しておくことで、時間の節約ができます。

レーザートーニングとは?

レーザートーニングの特徴は、弱い出力でもムラのない照射ができることですから、脇やデリケートゾーンなど角質層が薄いところへの治療には最適とされています。

顔のシミや肝斑の治療としても使われてきたレーザーですから、殆ど心配は要りません。
レーザートーニングには、一般的に使われている機器として、医療用レーザーでも使用しているQスイッチYAGレーザー・メドライドC6といった機器があります。

一般的にレーザー治療では、痛みを感じる人は少ないのですが、ゴムではじかれた程度の痛みを感じる人も中にはいますので、心配な人は事前に「痛みを感じ易いので」と注意してもらえるように頼んでみましょう。

レーザー治療の費用について

レーザー治療を受けようと決心した場合、美容皮膚科や美容クリニックの利用には完全予約制が大半ですから、メールや電話の予約が必要になります。
この時点で、きちんと綺麗になるまでの費用や期間を確認し、黒ずみを解消したい部分や範囲を伝えておきましょう。
予約日に、問診票などを作成しますから、その際に医師にカウセリングしてもらうことができますから、施術部分や費用面や疑問に思うことなど、遠慮することなくきっちりと確認することで後でのトラブル解消にもなります。

レーザー治療では、通院しながら1~2週間に1回の治療が必要ですから、全体では状態によって5~10回程度繰り返す必要があります。
施術の費用は1回ごとに、照射範囲や場所によって違ってきますが、1回が1万円くらい掛かると考えて、回数分の費用を大まかにでも把握しておきましょう。
しかし、セット料金を設けているところが多いので、セットやコース料金で支払う方が安く済むこともありますから、事前に確認してくださいね。