その他黒ずみケアについて

バストの黒ずみはブラが原因だった?!ブラの命はフィット感!

女子にとってブラはおしゃれの基本でもありますが、女心を悩ませるのもブラだったりします。肩はこるし、ワイヤーやストラップは食い込むし、ブラ回りの黒ずみにお悩みの方も少なくないでしょう。

ノーブラで毎日過ごせれば楽なのですが、付けていないと垂れてしまう心配もありますし、胸元が揺れて落ち着かなかったりします。必要なことはわかっていても軽いストレスを感じたりしますよね。

ブラをしている時の痛みをほっておくと黒ずみにつながることもあります。今回はブラの痛みを減らす方法とブラによる黒ずみ予防を紹介します。

ブラをつけていて痛いところが黒ずむ

ブラをつけていて、痛いと思う場所がある方は注意が必要です。圧迫でも摩擦でも痛くなったところは黒ずんでしまう可能性があります。
黒ずみは肌に刺激を受けることでできます。黒ずみの原因で有名なのは紫外線ですが、圧迫されることや摩擦のような刺激でもお肌に黒ずみが起こります。

お肌が衣類などでこすられると、お肌は刺激を受けたと判断してメラニン色素を作り、お肌を守ろうとします。メラニン色素は黒いので、お肌が黒くなります。このメラニン色素がお肌に残ったままになる現象が黒ずみです。新陳代謝がうまくいかないとメラニン色素が体外に出て行かなくなるのです。若い頃に比べて年齢を重ねると日焼けの後が取れにくくなるのは新陳代謝のスピードが落ちるからなのですね。

ですからブラジャーをつけていて痛くなりやすいところ、ワイヤーが当たるところや、ストラップ、バストトップなど擦れやすいところに黒ずみができやすくなります。ですからブラをつけていて痛くなる原因を取り除けば黒ずみ防止につながるのです。

痛い原因は「ブラのサイズ違い」「姿勢の悪さ」「お肌の乾燥」

ブラをつけていて痛くなる原因は「ブラのサイズが違っている」「姿勢が悪い」「お肌が乾燥している」です。

まず見直したいのはブラのサイズ。サイズが合っていないと黒ずみどころかバストが垂れたり、バストの左右サイズのバランスが悪くなったりします。また、ブラのカップの中でバストが浮いているとブラと乳首が擦れて刺激を受け、乳首の黒ずみの原因にもなります。
また、何年も同じブラをつけていると、自分では気がつかないうちにバストのサイズが変っていてブラのサイズが変っていることもあります。

試着した時にはサイズは合っていたのにどうもブラが合っていないと感じる時は、普段の姿勢を見直してみましょう。常に猫背になっているとブラが食い込んで痛くなる場合があります。

また、お肌の乾燥が痛みにつながることもあります。お肌が乾燥しているとブラと肌との摩擦が起こりやすくなって炎症を起こしてしまう場合もあります。また、素材によってはお肌に合わないこともありますので、シルク、コットンなど違う素材を試して見るのもいいでしょう。

ブラの痛み解消と黒ずみ予防

ブラの痛みをなくすことで、ブラ回りの黒ずみ予防ができます。痛みの原因を取り除けばいいのです。
つまり、「ブラのサイズを見直す」「常に姿勢を正しくする」「保湿をきちんとする」という3点を押さえておきましょう。

一番重要なのはやはりブラのサイズです。これはただ単に計ってみてサイズが合っていればいいということではなく、自分のバストにきちんとフィットしているかどうかが大事です。姿勢は自分で意識することで比較的簡単に解決します。
保湿はブラ回りだけでなく、ショーツ回りも同様にしておくとビキニラインの黒ずみ予防にも効果があります。

ブラで大切なのはサイズよりもフィットしているかどうか

ブラの選び方はひとそれぞれで、「可愛い」「セクシー」などデザインで選ぶひとや、「高級感」「安い」などの価格で選ぶひともいます。どの基準で選んでもいいのですが、体にきちんとフィットしているかどうかが一番大切なポイントです。

ブラのサイズは大体5cm刻みになっているので、小さめサイズ、大きめサイズの両方を試着してみることをおすすめします。勝手にサイズを決めてくれる親切な店員さんもたまにいらっしゃいますが、店員さんは数字上での平均値ですすめてくれることがほとんどです。
実際にバストサイズが一緒だとしても、胸の形やトップバストの位置には個人差があります。何通りか試着して、腕や肩を動かして見て自分に合ったものを選んでください。ブラのずれが少なく、カップの中でバストが動かないものを選ぶのがポイントです。

お肌におけるメラニン色素の役割について

お肌の大敵、天敵と呼ばれる存在は数々ありますが、シミやそばかすを作る元凶となる要素に「メラニン色素」というものがあります。
メラニン色素が最も沈着する(黒ずみになる)瞬間が、日焼けです。
お肌が紫外線を受けると、メラニン色素は沈着し、日焼けが起こります。

沈着することで人間の細胞、お肌を守るのです。
ですので、色白の方は紫外線に比較的弱いということがあるのです。
そもそも紫外線は人体にあまりいいものではなく、シミやそばかすはもちろん、湿疹などの原因にもなります。

メラニン色素がお肌を守る

メラニン色素は、紫外線などといった、あらゆるダメージからお肌を守るために存在しています。
大きく分けて二つの種類があり、人体の肌の色を形成する色素でもあります。
黒人の肌や、日本人の黒髪を形成しているのがユーメラニン、白人の白い肌を形成しているのがフェオメラニンとされています。

日本人が持つユーメラニンは、紫外線から発生した活性酸素を消す役割があります。
活性酸素はお肌の老化などを引き起こす要素に思われますが、実は体に入り込んだ細菌などを殺し、細胞を守る役割があります。
ただ、増えすぎると細胞にダメージになり、老化になるのです。

紫外線が当たることで、活性酸素が急激に増えるため、お肌のトラブルになります。
しかも、活性酸素から守るべく、メラニンが活動した結果表れるのが、日焼けやシミ、そばかすなどなのです。

女性から見るとどれも絶対になりたくないものなのですが、活性酸素とメラニンの反応と、人体のお肌の仕組みはこのようになっているのです。
人体がお肌を守る仕組みですので、どうにかして付き合っていく必要があります。

黒ずみ、シミ予防にやるべきことは、紫外線に直接あたるのを避ける、そしてダメージを与えないということです。

脇の黒ずみは、ダメージのせい

脇やひざ、肘の黒ずみは、やはり「お肌へのダメージ」によるものです。
でも、特にダメージになるようなことはしていない、とお思いの方も多いはずです。

お肌は、繰り返し刺激を受けると、その部分に「痕」として残ります。これがいわゆるシミです。

特に、どれだけ丁寧に、傷をつけないように自己処理をやっても「毛を剃る」という作業は、お肌にとってみると十分ダメージになります。
大きな刺激と感じて、メラニンが肌を守るべく働きます。それも、ここぞと言わんばかりに活発になるのです。

これはムダ毛処理以外にも、歩くときに脇がこすれることでも、同様です。
言い換えれば、一度克服してきれいになったとしても、再び黒ずみになる可能性が誰にもあるということです。

さらに当然、脇以外でも同様です。
例えば肘やひざの関節、乳房なども、普段の生活でこすれる部分かと思います。

わきの下や肘、ひざなどに紫外線が当たった覚えがないのに、黒ずみが起こるのは、このようなことがあり、メラニンが増えるためです。
正式には「炎症性色素沈着」というものです。
小さいものでも、お肌に刺激が何度も与えられることで、お肌の炎症となり、黒ずむのです。
最悪、表皮細胞ではなく真皮層にまでメラニン色素が沈着すると、ターンオーバーでは治らなくなり、非常に長い年月が必要になります。
真皮層はターンオーバーがなく、その代わり不要な細胞を掃除するマクロファージという白血球が働きますが、ターンオーバーよりも遥かに長い時間がかかります。

ちなみに、お顔の肌はわきの下などよりは丈夫な部分ですが、毎日の洗顔をごしごしと強くこすっていては、顔の肌が黒ずむ可能性もあるのです。

黒ずむ原因を突き止めて、対策をする

原因を突き止めて、それに応じた対策が必要です。
原因を放置していれば、どれだけ回復のために力を尽くしていても、治りにくく、治ってもすぐに再発します。

お肌の黒ずみは、脇に限らず、きちんとケアしていけばしっかり回復していきます。=脇の黒ずみを消す
時間は必要ですが、あきらめずに時間をかけてケアすることで、元に近い白さを取り戻せます。

再発防止のためのケアも必要

そしてもちろん、再発防止のためのケアも必要です。
まず一番に考えることが、自己処理の方法です。
カミソリでやっていれば、その分ダメージになりますので、レーザー脱毛をして、自己処理の必要がないレベルにするのも有効です。
クリニックで行う永久脱毛ではなくとも、サロンの脱毛でも最近は非常に高い効果があると評判です。

コストなどで脱毛が難しい場合は、カミソリからシェーバーに変えて自己処理をするなどの対策もおすすめです。

こすれによる黒ずみであれば、ぴったりとしたきつい服のせいで、歩く度にこすれていると考えられるのであれば服を変えたり、かぶれによって黒ずみが起きている場合には、使う制汗剤の種類を変えてみるというのも手です。
また、日焼け止めのアイテムも、最近のものはとても高性能かつ低刺激なものが多いですので、是非とも活用していってください。

妊娠中の脇の黒ずみについて

妊娠中の女性の体は、とても不安定で、様々なお肌のトラブルが起きるものです。
特に、お肌のシミ、黒ずみも頻繁に起こります。

中でも、意外に大変なのが「脇」の黒ずみです。

お子さんが生まれる時期にもよりますが、夏は半袖やノースリーブなど、腕が出るファッションに代わる季節です。
場合によっては、お子さんを連れて海辺で遊ぶということもあるかもしれませんが、脇の黒ずみはそうした時に初めて気づくことが多いのです。
ひとしきり遊んで、帰ってきてふと鏡で見たときに唖然とするほど、ひどくなっている可能性もあります。

実は、その脇の黒ずみは私が経験したものでもあります。
妊娠中はホルモンバランスが崩れ、様々なトラブルが起こる可能性があることはわかっていましたが、ある日突然、わきに黒ずみが表れたのです。
自分が考える限りでは、特に何かをしたわけではありません。
「ここからケアしないと、産後もそれからも、ずっと残り続けるのでは・・・」と一気に不安になった記憶がよみがえります。

妊娠中のお肌の黒ずみは珍しくない

その時に知ったのですが、やはりいきなりお肌が黒ずむことは珍しいことではありませんでした。
胸やお尻といった部分も黒ずみが目立ち始める人も多く、悩みを抱えていました。

そして、黒ずみが目立ってきたからと言って、ごしごしとこするのは、逆効果でした。
お風呂の時などにこすると、余計にメラニンが多く生まれ、活性化するのです。

妊娠中は肌が敏感になるため、使うものも今まで以上に厳選しなければなりませんが、かといって何も対策をしないとどんどん黒ずみは濃くなっていく一方です。

黒ずみが起こる原因

そもそも、妊娠中でホルモンバランスが崩れるからと言って、黒ずみが起きるのかということから不思議に思われそうですが、こればかりは本当に「ホルモンバランスのせい」というほかありません。
黒ずみは「メラニン色素」の活発化により起きます。

メラニン色素が活発になるタイミングは、紫外線やカミソリ負けなどでお肌にダメージが加わった時が有名ですが、ホルモンがメラニン色素を増やす、ということもあるのです。
これは妊娠中に限らず、生理などの様々な影響でホルモンバランスが崩れたときにも起こりうるものだということです。

ですので、シミやそばかすも突然現れる可能性があります。
それどころか、毛深くなったり、逆に毛が薄くなったりといったこともあり得ます。

ただ、一般的には産後に元に戻ったとき、徐々に治っていくとされており、実際に私も産後にはある程度まで回復できました。
妊娠中でも怖がらずに、正しいケアをしていけば、最小限に抑えることもでき、産後にも限りなく元の白さまで回復できます。

妊娠中にできる黒ずみ対策

妊娠中にできる黒ずみ対策は、かなり限られます。
気軽に、黒ずみに効果がある製品を使えばひとたまりもない悪影響が出る可能性があり、非常に躊躇してしまうはずです。
普段から合う合わないを考えて、化粧品などを選ぶ必要がありますが、妊娠中は特に慎重に選ぶ必要があります。
しかし、前述したようにだからと言って何も対策をしなければ、痕が残る可能性があり、いくら産後には治るといっても完全に妊娠前のようなきれいな肌になるとは限りません。

・保湿が基本

お肌の黒ずみ、シミの改善には、何よりも「保湿」が大切となりますが、これは脇の下も同様です。
わきの下の保湿を、これまで以上に念入りにやることで、改善に向かっていきます。
保湿することで、わきの下のお肌も顔のお肌と同じようにターンオーバーしていきます。

・刺激を与えない

そしてもう一つ、刺激を与えずにデリケートに扱うということも大切です。
わきの下はわき毛の処理が必要ですので、頻繁に手を加える部分かと思います。
メラニンの活性化はお肌の刺激も大きな原因となりますので、カミソリではなく電気シェーバーを使うなどをして、悪化を防ぐのがおすすめです。

・個人的におすすめな、「アットベリー」

個人的におすすめしたいのが、アットベリーというジェルです。
黒ずみの改善に効くジェルで、低刺激でできており、敏感肌の方にもおすすめです。
また、アットベリーはオールインワンタイプで、ジェルタイプではありますが化粧水や美容液、乳液といった普段からするお肌のケアにも活用できます。
脇の黒ずみへの使い方としては、お風呂上りにわきの下にさっと塗るだけです。
時間がなく、しっかりとしたケアができないという方でも、毎日できるはずです。

ジェルですがべたべたとする感じはなく、塗ってすぐに乾いてさらさらとした肌になります。
それでいて、成分が十分染み渡ったプルプルのお肌になります。
消臭成分も含まれているため、産後にもわきのケアアイテムにとっても便利に活用できます。

すぐに黒ずみが解消されるという製品ではありませんが、お肌の黒ずみ対策にとってもおすすめな製品ですので、是非試してみてください。

脇の黒ずみはレーザー治療が効果的?

黒ずんでしまった脇を綺麗に元に戻したい場合、できれば簡単に市販の化粧品で治したいと考える方は多いと思われます。
でも、そう簡単には脇の黒ずみは綺麗にはなりません。

なるべく早く無短期間での治療には、レーザーでの治療が有効ですからお勧めします。
だし、レーザー治療には、皮膚科(皮膚に特化)と、美容皮膚科(肌を美しく見せる)の両方がありますから、自分にはどちらが必要かを考えてから選びましょう。

脇の黒ずみとレーザー治療

気をつけていても黒ずんでしまった脇に悩んではいませんか。
黒ずみの早期解決には、医療機関でのレーザー治療が早道だと思われます。
レーザー治療は患部に光を照射して行う治療法ですが、医療機関によって様々な呼び方が使用されています。
「ボディーレーザートーニング」「レーザーホワイトニング」「ボディQYAトーニング」等です。
とても弱いパワーのレーザーを使用して、シミや色素沈着を改善していく「ボディーレーザートーニング」は、脇の黒ずみには効果があるといわれています。

レーザー治療のメリットは、肌への負担を少なくしてメラニン色素を減らしていくことができますから、悩むよりも実行で問題を早く片付けてしまいましょう。

治療は、皮膚科や美容皮膚科のどちらでも受けられますから、レーザー治療を実施している病院などをきちんと調べた上で、まずは問診から始めると良いと思います。

レーザー治療について

レーザー治療の方法は、脇やデリケートゾーンの黒ずみにレーザーを直接照射し、真皮内のメラニン色素を破壊していくという治療になります。

ターンオーバーによって「レーザー照射で破壊されたメラニンは排出される」という働きを利用しているのです。
でもたった1回のレーザー治療を受けただけで、「脇の黒ずみがほとんどキレイになる」という訳にはいきません。
何回かに分けて治療することが必要になります。

ターンオーバーの期間も関係しますし、蓄積されてしまったメラニン色素の分解には時間が掛かります。
人によっても違いますので、充分に納得するような説明は受けましょう。
レーザー治療のメリットは、レーザーはメラニン色素にのみ反応して破壊していきますから、皮膚にダメージを与えることなく黒ずみを解消できます。

脇の黒ずみの場合には、「レーザートーニング」などの使用が多いようです。
レーザー治療に行く前には、黒ずみの種類や程度、どこの箇所の黒ずみを治療したいのかなど、自分でしっかりを確認しておくことで、時間の節約ができます。

レーザートーニングとは?

レーザートーニングの特徴は、弱い出力でもムラのない照射ができることですから、脇やデリケートゾーンなど角質層が薄いところへの治療には最適とされています。

顔のシミや肝斑の治療としても使われてきたレーザーですから、殆ど心配は要りません。
レーザートーニングには、一般的に使われている機器として、医療用レーザーでも使用しているQスイッチYAGレーザー・メドライドC6といった機器があります。

一般的にレーザー治療では、痛みを感じる人は少ないのですが、ゴムではじかれた程度の痛みを感じる人も中にはいますので、心配な人は事前に「痛みを感じ易いので」と注意してもらえるように頼んでみましょう。

レーザー治療の費用について

レーザー治療を受けようと決心した場合、美容皮膚科や美容クリニックの利用には完全予約制が大半ですから、メールや電話の予約が必要になります。
この時点で、きちんと綺麗になるまでの費用や期間を確認し、黒ずみを解消したい部分や範囲を伝えておきましょう。
予約日に、問診票などを作成しますから、その際に医師にカウセリングしてもらうことができますから、施術部分や費用面や疑問に思うことなど、遠慮することなくきっちりと確認することで後でのトラブル解消にもなります。

レーザー治療では、通院しながら1~2週間に1回の治療が必要ですから、全体では状態によって5~10回程度繰り返す必要があります。
施術の費用は1回ごとに、照射範囲や場所によって違ってきますが、1回が1万円くらい掛かると考えて、回数分の費用を大まかにでも把握しておきましょう。
しかし、セット料金を設けているところが多いので、セットやコース料金で支払う方が安く済むこともありますから、事前に確認してくださいね。