デリケートゾーンの黒ずみの豆知識

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある成分とは?

デリケートゾーンに黒ずみがあるとしたら、女性にとっては悩みの種になります。
人に相談し難い話ですし、不潔な印象を与えますし、異性には「遊んだ結果」かと誤解もされかねません。

そして、悶々と一人悩んでしまうことになりそうですね。
しかし、インターネット通販やドラッグストアでも「デリケートゾーンの黒ずみを改善するケア商品」が出ているのですから、あなた一人の問題でもないのです。

ケア用品のタイプは様々で、クリームやジェル、石鹸などがあります。
これらに含まれている成分が、「どのようなもので」「どのような効果があるのか」しっかり知ることで選ぶ際の参考にしてください。

効果のある成分の一覧

アルブチン

メラニン色素の働きを抑えてシミやソバカスなどを改善する成分です。
厚生労働省にも認可されている美白成分の中でも、特に効果が高いものです。
この成分が配合されたものを選ぶときには、肌に優しい天然アルブチンを選びましょう。

ハイドロキノン

沈着してしまったシミに効果を発揮します。
メラニンの生成を抑え、メラニンを作る細胞そのものを減少させる効果を持つ心強い成分です。
ただ日本では、濃度制限がかかっている成分なので、皮膚科医などの処方が必要になります。

ビタミンC

おなじみのビタミンですが、誘導体美白のビタミンと呼ばれています。
ビタミンC誘導体と呼ばれている成分は、より肌に浸透することができるように改良したもので、ニキビ等にとても効く成分として知られてもいます。
美白効果では、メラニンの色素を抑制し、抗炎症作用やコラーゲンの生成を促す効果があります。

プラセンタ

プラセンタは、肌のターンオーバーを促進する効果に優れていて、アンチエイジングにも効きめが凄いと定評がある成分です。
デリケートゾーンの黒ずみは、肌のターンオーバーが低下していることが原因の一つとされていますから、効果が期待できます。

アロエ

庭に植えられているのをよく見ますね。
火傷などに効く抗炎症作用がある成分ですが、シミやソバカスを薄くする効果もあり、また
メラニンの生成を抑制することから、予防にも役立てることができます。
さらに保湿効果もありますから、デリケートゾーンの乾燥によって起こる摩擦が原因の黒ずみにも効果を発揮します。

パルミチン酸アスコルピルリン酸

長い名前ですが、大きく分類するとビタミンC誘導体の一種とされています。
リン酸基とパルミチン酸基の2つが結合して作られていますから、ビタミンCの弱点でもある「酸化しやすく、また肌に馴染みにくい」という点を克服した成分です。
なんと、ビタミンCの1000倍もの浸透性を持つ心強い成分で、肌に浸透することでビタミンCに変化をし、美白効果を発揮してくれます。

フラーレン

聞きなれない名前ですが、女性の憧れであるダイヤモンドと同じ炭素の同素体物質だそうですよ。
しかも形はサッカーボールに似ているとか、とてもユニークで覚えやすいかも知りません。

紫外線を浴びることで生まれるメラニンを抑制し、メラニンによる色素沈着を抑える効果を持っているのですから、しっかり覚えてあげましょう。
近年注目を集めている理由が、美白成分がビタミンCの125倍にもなると言うこと。

デリケートゾーンを直接紫外線に当てる機会は非常に少ないと思いますが、紫外線は薄手の衣類であれば通り抜ける性質を持っています。
初耳だったのですが、目から紫外線を吸収することで、全身が紫外線を浴びるのと同じ効果が生まれてしまうとのこと、油断はできませんね。

白金ナノコロイド

強い抗酸化作用を持つ成分で、コエンザイムQ10やビタミンC、ポリフェノールなどを上回る効果が期待できる成分として、非常に注目を集めています。
紫外線の浴び過ぎによって発生した活性酸素に、直接働きかけることで肌を若々しく保つことが可能です。

浸透型ビタミンC

肌の表皮に作用する水溶性ビタミンC誘導体と、肌の真皮に作用する油溶性ビタミンC誘導体の両方のメリットを持つように開発されました。
新型ビタミンC誘導体とも言われていて、刺激が少なく浸透性が高いなどのメリットがあります。
浸透型のビタミンC誘導体には、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS アプレシエ)などがあります。

甘草フラボノイド

ビタミンCの257倍の美白効果を持っています。
カンゾウフラボノイドと言われ、メラニンの生成抑制作用に非常に優れています。
さらに活性酸素の除去効果で、若々しい肌をキープするとも言われています。

甘草フラボノイドは単体では肌に染み込ませることができませんが、油に溶ける性質を利用してホホバオイルなどと合わせて浸透させます。

フラバンジェノール

紫外線を受けることでできる、メラニンを作る酵素となるチロシナーゼを抑制する作用を持っています。
メラニンの生成や働きを抑えることができる上に、ビタミンCの600倍もの抗酸化力を持つとても頼もしい成分です。

ヒアルロン酸

美容ではなじみの在る成分ですが、元々人体に存在しているゼリー状の物質です。
保湿を目的とする化粧水やクリームなどに配合されていることが多い為、「美白効果があるのかどうか」と疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、保湿効果が高いからこそ、下着との摩擦などによって起こる乾燥状態を改善することができますし、また色素沈着を防ぐことができるのです。
黒ずみを予防する目的として使用します。

コラーゲン

保湿は美容には欠かせませんから、美容品としては有名な成分ですね。
肌にハリやツヤ、潤いをもたらす効果がありますが、美白にも深く関係しています。
充分な摂取は、肌のターンオーバーを正常に整えますから、黒ずみの改善にも役立ちます。

トラネキサム酸

アミノ酸の一種で、顔の肝斑治療薬として用いられることもあります。
メラニンの生成を抑制する作用や、炎症を抑える作用などがあるために、シミやソバカスを改善して美白効果を得ることができます。

グリチルリチン酸2K

代表的な消炎成分の一つです。
グリチルリチン酸ジカリウムとも呼ばれていて、マメ科の植物である甘草の根や茎から抽出される薬用成分です。

甘草といえば漢方でも有名な薬成分ですよね。
ですから直接的に美白効果がある訳ではなく、高い抗炎症効果がある為に、紫外線や摩擦による刺激から肌を守ることができ、結果的に美白につながると言うことのようです。
間接的効果と言うことでしょうか。

トレチノイン

シミやニキビの治療薬として使われています。
ビタミンA誘導体の一つで、古い角質を排除して皮膚の再生を積極的にする作用があります。

ハイドロキノンと併用で相乗効果を期待することができますが、日本国内ではハイドロキノンと同様に濃度制限がかかっています。
結果、皮膚科医などの処方が必要になることがほとんどです。

ビタミンE

皮膚の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進することができる成分です。
「若返りのビタミン」とも呼ばれていて、老化やシミ、シワなどの原因となる活性酸素を除去する作用があります。

紫外線の浴び過ぎによって体内では活性酸素が発生してしまいますが、メラニンの発生を抑え、また高い抗酸化作用によって、外部の刺激から肌を守るバリア機能を正常にする働きも持つ頼もしい成分です。

重曹がデリケートゾーンの黒ずみに効果がある理由

最初に聞いたとき、「重曹が効くの?」と驚きました。
実は、重曹の効果の一つに水と混ざることで細かく泡だち、その細かい粒子が汚れを除去するということがあります。
この汚れを除去するという作用が、デリケートゾーンの黒ずみ除去に役立つという話、ちょっと信じられないかも知れませんが本当です。

デリケートゾーンの黒ずみは、肌の深層部にメラニン色素が蓄積することでに起こります。
メラニンの発生は、もともとデリケートゾーンは黒ずみが発生しやすい場所と言うことに加えて、下着との摩擦や、肌のターンオーバーが速やかに行われなかったことなど、複数の原因が重なることで起こります。
元々デリケートゾーンは、黒ずみやすいところと言うことも原因ですが、運悪くまたはケアが充分で無かったりした場合に発生してしまうのです。

そのような黒ずみ対策に重曹が効果的な理由は、重曹の研磨作用によって古い角質が除去され、肌のターンオーバーを促進し、新しい皮膚が正常に作り出されるということにあります。

古い角質が肌の表層部に送り出されることで、深層部に蓄積されていたメラニン色素も同時に排出されていくという理由です。
ただ、簡単に手に入る重曹で「気にしていた黒ずみ」が解消すると早ってしまい、間違った使用法で逆効果になる場合もありますから、しっかり正しい使用方法で実践しましょう。

重曹で効果的に黒ずみケアをする方法

スーパーや薬局で購入が簡単な重曹ですが、黒ずみに使用する場合はしっかりと選択しなければなりません。
万能クリーナーとしての重曹ではなく、食品として販売されているものや純度の高い重曹を選びましょう。
黒ずみ対策に使用する方法は、普段から使用しているボディソープに混ぜてデリケートゾーンを洗う、というものです。

細かな粒子がスクラブの役目を果たしてくれ、古い角質を効果的に除去します。

使い慣れているからと、いつもの重曹の使用法でゴシゴシ力いっぱいに洗ってしまわないように気をつけてください。
力を入れて洗うには無理な姿勢が必要ですし、大切な微妙な部分を傷つけてしまいかねません。
そんな方法をとることはまず無いでしょうが、少し力を入れるだけでも柔らかな肌はダメージを大きく受けてしまいます。

正しい使用方法は、刺激の少ないボディソープを良く泡立て、黒ずみが気になる部分を泡だけで優しく洗うように気をつけます。
手で直接強く肌に触れたり、スポンジなどでこすったりしてしまうと、大きな摩擦が生じて新たな黒ずみを発生させてしまう原因にもなりますから、優しく丁寧に洗うようにしてください。
くれぐれも、デリケートゾーンの赤みや肌荒れには注意が必要です。

重曹を使う時の注意点について

それは、すぐに結果を求めないことです。
重曹には、古い角質を除去できるという効果はあります。
しかし、「それはターンオーバーの働きを促す」という程度のものなのです。
肌そのものを「美白に整えてくれる」という作用ではありません。

ターンオーバーの完成には、28日以上の日にちが必要なのです。
当然「重曹の効果」も時間がたくさん必要で、数ヶ月間じっくり気長に何回ものターンオーバーを繰り返しすることが必要になります。
勢いよく始めても、長続きは難しいので諦めてしまう人も多いことでしょう。
生活習慣や下着の擦れなどが黒ずみの原因の場合、ケアするスピードがゆっくりであることが多いものです。

重曹での黒ずみケアは、補助的な方法として使用しましょう。
やはり美白効果のあるクリームや専用のケア用品と併用してみることで、白い美しい肌を取り戻すことが近道だと思います。

デリケートゾーンの黒ずみに効果がある石鹸の選び方

デリケートゾーンに使用する石鹸の特徴は、弱酸性に処方されています。
微妙な部分の洗浄には、人間の肌のペーハー(pH)値を考えた上で処方されているのが特徴で、強い刺激の無い優しい洗浄能力が求められるからです。
もし、刺激の強い場合には黒ずみ発生の原因にもなりかねません。
黒ずみが発生している場合には、さらに優しく刺激が無い石鹸を使用すべきなのですから、充分に注意して選びましょう。

デリケートゾーン専用石鹸を正しく選ぶ方法

ポイントとしては、内容成分のチェックが重要になります。
石鹸の有効成分が、黒ずみ解消に適しているかを調べることです。

美白成分の強いもの、美白効果が大いに期待できるものが含まれていれば、良い結果が期待できます。
一例として「ジャムウ」が挙げられますが、これはハーブを調合した民間調合薬で、古い角質を落とす効果に優れているといわれています。

皮膚の新生(生まれ変わり)効果が高いとされていますので、黒ずみ減少にも効果が期待されます。
さらに「ジャムウ」には殺菌や制汗という働きもあるようなので、気になる臭いの対策にも効果がありそうですね。
私の体験では、確かに使用前より臭いは気にならなくなったように感じました。

そして、気分的なものもあるのでしょうが、臭いが気にならなくなったと同時に黒ずみも薄くなっているように思いました。
デリケートゾーンの気になる黒ずみや臭いに、嬉しい効果が出るようなので、注目してください。

デリケートゾーンの正しい洗い方

まずは、石鹸の泡立て方から説明しましょう。
きちんと顔を洗うことと同じか、それ以上に泡立てが重要になります。
まさか、石鹸をデリケートゾーンに直接塗ってこすり洗いする人はいないでしょうが、顔よりずっとデリケートなのですから、優しく洗うことがポイントになるのはお分かりでしょう。
強く擦ったりすることはタブーですし、擦る刺激が黒ずみの原因にもなります。
洗顔と同様に、たっぷりと泡だてることが必要です。

そして、デリケートゾーンに泡を置いて3分くらいはそのままにするのがポイントです。
時間を置くことで成分が浸透しやすくなり、本来の効果を最大限に発揮させることができます。
泡をつけるポイントは、表面だけではなく細かい部分にもしっかりつけることです。

しばらく放置したら、ボディタオルだけでなく指も使いながら細部も丁寧に洗いましょう。
でも、膣の中までの洗浄はいりません。

膣内の良い菌を石鹸によって減らしてしまうことで、悪い菌が繁殖して性病に掛かりやすくなるといった危険性があるからです。
最後にぬるま湯でしっかりと洗い流しますが、ここもポイントです。
熱過ぎる湯での洗浄は、皮膚を乾燥させて刺激に弱い肌状態にしてしまいますから、注意が必要です。

デリケートゾーンの黒ずみは石鹸が効果的です

黒ずみ対策で最初に試みるには、「石鹸での対策」が簡単で効果的です。
毎日の入浴時のボディケアで手当てができるのですから、手間が掛からず有効ですよね。

黒ずみ対策のボディケアにはコツコツと続ける根気が必要ですから、なるべく手間の掛からない方法をまずは試してみましょう。
同時に臭いの対策も同時にできてしまいますし、デリケートゾーンへのケアは積極的に行うには恥ずかしく感じる行為ですから、パートナーに気付かれる心配もない石鹸対策はとても有効です。

さりげなくケアできることは、彼に知られる心配も無いということで安心感が生まれます。
でも、簡単だからこそ適切な行うことが必要になります。
泡立てを怠ったり、洗い方が雑になったり、誤った使用法になってしまっては、逆に黒ずみや臭いの原因にもなりかねません。
正しく使用法を守ってこその効果と肝に命じて、使用法をしっかりマスターしましょうね。

薬局や市販のクリームではデリケートゾーンの黒ずみは解消できない理由

デリケートゾーン専用クリームは店舗には売っていません

最近では、デリケートゾーンの黒ずみを気にしている女性が多くなってきています。脱毛を始めたことがきっかけで気にするようになる女性も多く、専用の対策を行っています。しかし、どのようにしてケアを行えば良いのでしょうか。
真っ先に思い浮かぶのが市販の専用品を購入することですが、実はデリケートゾーン専用のクリームなどは、店舗では販売されていません。むしろ、適切な商品を使わないことで悪化してしまうケースもあり、注意が必要です。

間違った美白ケア商品を使うと悪化する可能性があります

調べてみると分かりますが、デリケートゾーン専用の黒ずみ解消クリームは、薬局では販売されていません。仮に販売されていたとしても、その商品を手に取ってレジに行くのは、なかなかできない人が多いのではないでしょうか。このような人に知られたくない商品は、ネット通販で購入する人がほとんどです。そのため、売れない商品を店頭では取り扱っていません。
仮に、だからといってデリケートゾーン専用ではない別のクリームを使用してしまうと、場合によっては悪化してしまう可能性があります。その理由ですが、デリケートゾーンは他の部位の肌と違って薄くて繊細です。そのため、一般的な美白クリームでは刺激が強く、炎症を起こしてしまうことがあります。
そして、肌の炎症を起こした部分にメラニン色素が発生し、本来よりも黒ずみが強く出てしまうのです。このような場合はクリームの使用をすぐに中止し、皮膚科を受診するようにしましょう。デリケートゾーンは繊細な部分であることから、それ専用の商品を選ぶ方が安全です。

デリケートゾーン用の黒ずみクリームを選ぶ際のポイント

間違ったケア用品を使って悪化させないためにも、どのようなクリームを選べば良いのかを知ることが大切です。そこで、デリケートゾーンの黒ずみ解消クリームの選び方ですが、次の点を確認しましょう。

1 原材料が無添加であること

まず、肌に優しい成分で、無添加であることです。前述した通り、デリケートゾーンは繊細な部位です。そのため、使用するクリームは肌にとって負担とならない低刺激な成分である必要があります。

2 美白成分が配合されている

次に、美白成分が配合されていることです。美白成分には様々なものがありますが、おすすめはトラネキサム酸です。医薬部外品として認可を受けている成分なため、効果がありながらも安心して使用することができます。

3 保湿成分が配合されている

そして最後に、保湿成分や肌の調子を整える成分が配合されていることです。黒ずみの原因は、肌のターンオーバーが乱れていることが挙げられます。そのため、肌の調子を整えてくれるような成分が配合されていることで、黒ずみができる原因を根本から取り除くことができます。

通販サイトでは効果的な専用クリームが売っています

通販サイトであれば、デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームが販売されています。それが、イビサクリームです。黒ずみケアをしっかり行いたい女性が多く利用しているクリームで、雑誌などのメディアでも紹介された実績を持つ人気のクリームです。
ターンオーバーの乱れを改善するために保湿成分が豊富に含まれており、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kの2つの成分によって高い美白効果が得られます。
この2つ以外にも、植物由来の4種類の美白成分に、8種類もの保湿成分が配合されており、デリケートゾーンの環境を理想の状態に保ちます。成分はどれも肌に優しく低刺激なものばかりで、香料や着色料、鉱物油、アルコール、パラベンは一切含まれていません。
そのため、このクリームは赤ちゃんでも使用できるほどの優しさで、もちろん敏感肌の人でも安心して使用することができます。品質管理においても徹底されており、すべて国内の工場で製造された安心のクリームです。

デリケートゾーンの黒ずみとホルモンの関係

デリケートゾーンの黒ずみが気になっているという場合、黒ずんでしまう原因を知っておくと良いでしょう。

肌の黒ずみは主にメラニン色素が原因となっており、なぜメラニン色素が多く作られてしまうのかということですが、紫外線や外部からの刺激、ホルモンバランスなどが影響しているということです。

ホルモンバランスが崩れるとメラニン色素が多くなります

ホルモンバランスが乱れるとメラニン色素が多く作られるようになりますし、肌が黒ずんでしまうと言われています。

女性ホルモンには、大きく分けてエストロゲンとプロゲステロンという2つの種類があります。

この2つにはそれぞれ異なる働きがありますが、主に生理や妊娠、出産などに関わってくるということです。

エストロゲンは卵巣に関わっており、妊娠をするための排卵をサポートしています。

プロゲステロンは受精をした後に働き、受精した卵子が着床しやすいようにサポートをしているということです。

これらは脳の少し下にある脳下垂体という部分から分泌されており、シミや黒ずみにはプロゲステロンが関わっています。

プロゲステロンはホルモンバランスが崩れた場合、メラニン色素を作り出すメラノサイトを刺激してしまいます。

それによってメラニン色素が過剰に作られてしまいますし、色素沈着が発生してしまうということです。

どんな時にメラニンが過剰に生成されやすいのか?

どんな時にメラニン色素が過剰に作られてしまうのかということですが、生活習慣が乱れている時や過剰にストレスがかかっている時、妊娠中、更年期などに作られやすいということです。

生活習慣が乱れた状態が続いた場合やストレスの多い状況が続いた場合、肌荒れなどが起こりやすい人も多いでしょう。

これもプロゲステロンが関係していると言われており、生活習慣を見直してみることが大切です。

生活習慣が乱れている時はシミや黒ずみに注意をした方が良いのですが、自身でバランスを整えるのは難しいと感じるかもしれません。

しかし、黒ずみというのはどの場所でもメラニン色素が沈着することで起こる肌トラブルであり、メラニン対策をきちんと行うことで肌を綺麗にすることができるでしょう。

バランスが崩れてしまうとデリケートゾーンの肌自体が弱ってしまいますし、潤いが不足して乾燥してしまうことがあります。

肌のターンオーバーがきちんと働かないこともありますし、それによって黒ずんでしまうことがあるのです。

特にデリケートゾーンの肌は影響が出やすいため、できるだけ早く対処することが大切です。

ホルモンバランスが崩れているのかどうかは分かりにくいのですが、いくつかのサインがあると知っておきましょう。

バランスが崩れていると生理不順や生理痛が強い、生理中ではないのに経血のようなものが出てしまうなどの症状があります。

女性ホルモンは生理や妊娠に影響を与えているため、生理の時に症状が出てしまうと知っておきましょう。

このような症状が出てしまった場合、きちんとストレスを発散したり生活習慣を整えるなどの工夫が必要となります。

デリケートゾーンに黒ずみがある場合の脱毛について

デリケートゾーンと言えば、黒ずみが発生しやすい部位なので、脱毛の際には心配になる人は多いでしょう。

しかし黒ずみがあるからと言って施術できないということはなく、真っ黒になっていなければ脱毛することは可能です。

誰でも多少は黒ずみがある部位なので、一般的なサロンでは施術ができるようになっています。

心配な人はサロンに行って、どの程度かを診てもらうと良いですが、通常の場合、ほとんど問題なく施術はしてくれるようです。

そのため、毛と同じくらい黒っぽい場合を除けば、諦める必要はないでしょう。

デリケートゾーンの脱毛施術を断られることもあります

デリケートゾーンの施術を断られるケースは、黒ずみが酷くて真っ黒な場合です。

脱毛は黒い色に反応する光の力で毛根にダメージを与えていくので、肌に黒っぽい部分があると施術ができないことになります。

肌の上にほくろやシミがあると、その部分を避けないといけないのと同様、あまり黒いと施術はできません。

ただし、デリケートゾーンの黒ずみが酷くて施術ができない場合でも、少し工夫することでできるようにすることは可能です。

その方法は、専用の美白アイテムを使う方法で、美容皮膚科などに行けば、美白のための専用のクリームが用意されています。

専用クリームを施してから、レーザーで施術すると綺麗な状態になることができて、肌が白くなります。

デリケートゾーンは敏感な部位になるので、医療機関による美白対策は効果的で、通常の美白アイテムよりも効果が出やすいです。

美容皮膚科には、まずレーザーで皮膚表面を焼いてから肌を白くする施術もあり、肌を白く綺麗にしてから毛の処理へと移行します。

ただこの方法は、肌表面を焼いた日に毛の処理ができないので、ある程度期間がかかり、その分費用が高くなります。

いろいろな脱毛施術があります

光やレーザーで施術ができない場合、ニードル脱毛でするのも1つの方法です。

毛穴に一本一本針を入れて焼く方法なので、肌の色が黒くても問題がなく、毛穴の部位さえわかれば処理できます。

しかし痛みがかなり強い欠点があり、光やレーザーよりも施術に時間がかかるので苦痛を伴います。

元々デリケートゾーンは敏感な部位の施術になるので痛みは強いのですが、ニードル脱毛の場合、さらに痛みが強くなります。

そのため、痛みに対してあまり強くない人にとっては、不向きな施術と言えます。

痛みに耐えるのに自信がない人は、美容皮膚科に行って表面麻酔をしてもらって施術してらうと良いでしょう。

まずは脱毛サロンやクリニックに相談しましょう

デリケートゾーンに黒ずみがあると脱毛を躊躇してしまいますが、色が濃いと思ってもまずはサロンで相談してみることです。

医療機関の場合は、特に対応しているところが多く、美白対策を施すことでトータルケアしてくれます。

色が濃いと誰でもできないというわけではなく、施術できるところは沢山あるので、とりあえず安心していいでしょう。

極端に色が濃い場合は火傷のリスクがありますが、その辺のことも考慮して施術してくれるので、悩むよりも相談した方が早いです。

ほとんどの場合、施術はできるので、まずはサロンや美容皮膚科に相談してみることです。