黒ずみケア商品について

アットベリージェルとイビサクリームはどちらがおすすめ?

アットベリージェルに対抗するように、一気にシェアを伸ばしてきている黒ずみ対策クリームが、イビサクリームです。
アットベリージェルもデリケートゾーンに対応していますが、イビサクリームはさらにそれよりもデリケートゾーンに特化した製品として人気急上昇中の製品です。

デリケートゾーンなどの弱い部分はもちろん、粘膜部分の使用にも耐えうるイビサクリームですが、今回はそのイビサクリームとアットベリージェルの二つについて詳しくまとめて行きたいと思います。

まず特徴的なのが、どちらも同じ医薬部外品ということです。
アットベリージェルは基本的に、二の腕やわきの下などに使用できるもので、薄着でわきの下や二の腕が見えやすい時期に使うのがおすすめな製品です。
対してイビサクリームはデリケートゾーンに非常に効果の高いものですが、使い方、効能はほとんど変わりません。

言うまでもなく、アットベリージェルをデリケートゾーンに使うことも可能ですし、イビサクリームをわきの下などのデリケートゾーン以外の場所に使うことも可能です。

しかし、この両方は全く同じというわけではありません。
わずかながらですが、成分に差があります。

アットベリージェルの商品スペックは

製品名 薬用アットベリージェル
価格 定期コース:5,200円⇒ 4,700円(送料無料) 通常購入:6,500円(送料650円)
ジャンル ワキ・二の腕の黒ずみ対策ジェル
返金保証 60日間 ⇒ 180日間に延長!
内容量 60g(約1カ月分)
主に使える部分 ワキ、ひじ、ひざ、二の腕、お尻、顔(小鼻、目元など)、首筋
アットベリージェルの潤い成分 レハロース、ヒアルロン酸、甘草フラボノイド、プラセンタエキス、エラスチン、セラミド、コラーゲン等…

となります、

イビサクリームの商品スペックは?

製品名 イビサクリーム
価格 定価価格:4,970円(送料無料) ⇒ クレジット決済で4,470円  通常価格:7,000円(送料360円+決済手数料150円)
ジャンル デリケートゾーン(V・I・Oライン)の黒ずみ対策ジェル
返金保証 28日間
内容量 35ml(約1カ月分)
イビサクリームの潤い成分 ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリセリン、BG、ローズ水、シロキクラゲ多糖体、乳酸ナトリウム液等…

になります。
成分と同時に、内容量と値段に差があります。
値段が安いのは、定期コースのクレジットカード決済でのイビサクリームです。
これに加えて3回目の受け取りとなる使用3か月目以降は、さらに10%オフされ、月4700円のところ4473円ににあるのが特徴です。
送料は初回から無料です。

しかし、1個の内容量に大きな差があります。
アットベリージェルは1個60グラムですが、アットベリージェルはわずか35グラムしかありません。
もちろん、1回の使用量なども決められているため、使用期間もある程度は想定されていますが、それでも物足りなく感じるという方は多いかもしれません。
期間にすると、もちろん個人差はあるかと思いますが、イビサクリーム1個で1か月ほど、アットベリージェルは1個で1か月と1週間、2週間ほどは持つかもしれません。
さらに、アットベリージェルは名前の通りジェル状ですので、伸びも非常によく、浸透力にも優れているため、高いコスパがあります。

また、個人的には使い心地もアットベリージェルの軍配が上がります。
イビサクリームは香りも特になく、合う合わないの問題こそありませんが、クリームタイプなため人によっては伸びが悪く感じられることもあります。
しかし、アットベリージェルは伸びがよく、また乾きやすいため、塗った後は非常にさらっとしやすくなるのが特徴です。
アットベリージェルのにおいは若干ウッド系の甘めのにおいで、これは人を選ぶかもしれませんが、個人的には非常に気に入っています。

気になる黒ずみ予防効果と美白力

一番肝心の、イビサクリームとアットベリージェルの美白力と黒ずみ予防効果ですが、この二つは成分こそ違いますが、力的にはほぼ同程度と考えられます。
アットベリージェルの成分は、メラニン生成を防ぐ5種類の美白成分が、イビサクリームは美白成分に加えて炎症を抑える作用のあるトラネキサム酸が含まれているのが大きな違いになります。

この違いは言わば、美白で明るくするのか、炎症などを改善して黒ずみを抑え、防ぐのに役立つのか、という違いでもあります。
このため、使用方法にも違いが生まれるということです。
イビサクリームはくっきりと見える一部分に使ってピンポイントで黒ずみを改善していき、アットベリージェルはぼんやりとした広範囲に使うという違いがあります。

例えばアットベリージェルがおすすめな方は、コスパ重視の方はもちろん、広範囲の黒ずみをとりあえずでも、少しでも改善したいという方や、ひじなど皮膚の堅いところの黒ずみを改善したい方などで、イビサクリームがおすすめな方はデリケートゾーンのケアをしたい方はもちろん、アンダーヘアなどを自己処理して、黒ずみが起きている方などにおすすめです。

アットベリージェルの効果が不明でも試せた理由

アットベリージェルは、市販されていない通販限定のもので、知名度もあまりなく、言ってしまえば「胡散臭い」商品に思われやすいはずです。
もっと言えば、試す価値あるの?っていうぐらいに思われる方も多いと思います。

ですが、今回はアットベリージェルを試してみました。
試してみたいと思い、実際に試したその理由をご紹介していきます。

もし使用しようか検討しているのであれば、是非参考にしてみてください。

アットベリーを試してみた3つの理由

試してみようと思った理由は、3つあります。

  • 口コミの評価が高いこと
  • 医薬部外品ということ
  • 返金保証があること

の3つです。
これについて一つ一つまとめていきます。

口コミの評価が高いこと

やっぱり、口コミの評価の高さが後押しになりました。
化粧品や健康食品の口コミが大量に集まった大手の口コミサイトの、@コスメでアットベリージェルの評価を見たところ、非常に高いのがとても印象的でした。

通常、同じような製品で良い口コミが集まっているものでも、ほとんどは星4から5ほどでしたが、なんとアットベリージェルは星5を超え、5.5もの高評価だったのです。

しかも、口コミも具体的なものが多くありました。
同じような製品だと、例えばわきの下やデリケートゾーンがメインの体験談になりますが、アットベリージェルはそれらに加えて目元やひざなどで試した方がいて、様々な角度から使い心地や保湿感の感想を見ることができて、とてもよかったです。

返金保証がついていること

そして、返金保証も大きな決め手になりました。
特にアットベリージェルだけにあるものでもなく、あまり珍しくないものですが、この金額は結構リスクがあって少し怖く、躊躇する大きな原因だったので、これだけの額で返金保証があるのが安心でした。
また、初回限定ですが期間は丸半年にもなっていたので、それも大きな後押しになりました。

完全全額保証ではなく、返送の送料などは自己負担で返金されませんが、それの額も数百円程度でしたので、万が一のことがあっても全く痛くないレベルだと思いました。

医薬品、化粧品ではない「医薬部外品」というジャンル

アットベリージェルは、単なる化粧品ではなく、医薬部外品です。
医薬部外品とはお医者さんが処方する医薬品ではないですが、下地づくりなどの基礎化粧品とも違うジャンルです。

どういうことかというと、医薬品のものだと必ず、何らかの成分の影響による副作用があります。
非常に低確率ではありますが、副作用の可能性があるということです。

一方、医薬部外品は作用が医薬品よりも非常に緩やかですが、その代わり副作用がないものです。
アットベリージェルは黒ずみの予防効果があるジェルとして、医薬部外品の認定になっているのです。

医薬品と化粧品の良さをうまくかけあわせた、良い商品と思えたのも、決め手になりました。

アットベリージェルと比較されがちな、同類の製品に「イビサクリーム」というものがありますが、それらをおすすめしたい人を簡単にまとめて行きます。

アットベリージェルがおすすめの人

・二の腕、わきの下などの広範囲の黒ずみを抑えたいという方
・つり革などにつかまると黒ずみが目立つレベルの方
・黒ずみではなく、ぶつぶつなどでお悩みの方
・ひざやひじなど、皮膚が固く黒ずむタイプでお悩みの方
・とにかくコスパ良く、黒ずみを改善させたいという方

イビサクリームがおすすめの方

・一部の目立つ黒ずみをピンポイントでケアしたいという方
・デリケートゾーンや粘膜部分など、刺激を受けやすく、黒ずみやすいところに使いたい方
・デリケートゾーンを脱毛サロンで脱毛中で、処理のダメージで黒ずみが発生してしまった方
・デリケートゾーンの自己処理をお考えの方

となります。
アットベリージェルにもありますが、イビサクリームにも返金保証がありますので、興味があれば検討してみてください。
どちらもデリケートゾーンなどに使用できる黒ずみ対策クリームで、非常に似ているものですが、成分面などで若干差がありますので、似たようなものだろうと思わずに、きちんと調べてから購入しましょう。

また、単純な量的にも、アットベリージェルが60グラム、イビサクリームが35グラムと差があります。
コスパ面ではアットベリージェルに軍配が上がりますが、ヒアルロン酸ナトリウムの有無など、多少成分に違いがありますので、注意してください。
どちらかお好みで選ぶのがおすすめです。

イビサクリームと組み合わせて効果を上げるケア方法

女性にとっては非常に悩み深い「デリケートゾーンの黒ずみを解消」するイビサクリームはご存知でしょう。
このクリームを使用しながら、さらに早くもっと上のケアが望める方法があります。
イビサクリームと組み合わせるだけですから、非常に簡単なのですが、素人には考えつかない専門的な方法でもあります。
イビサクリームの開発に関わった方に、特別に教えていただいた「効果的な解消法」と「追加ケアの方法」をお教えしますね。

イビサクリームの後にボディクリームでケア

効果を上げることで、より早く綺麗にしたいですよね。
いくつかある効果的な方法の中でも、一番にお勧めしたいのが「ボディクリームによる保湿」です。
イビサクリームを塗り、さらにその上から保湿用のクリームでケアするのですが、この方法でイビサクリームの効果はアップします。

肌を充分に保湿することが効果アップに繋がること、黒ずみ部分を薄めてくれること、それは保湿がとても大切なことと教えてくれています。

保湿が最も重要な訳

それは、デリケートゾーンの黒ずみの原因のひとつに「乾燥」が関係しているからです。
保湿クリームの働きは肌を乾燥から守りますが、肌には保湿はとても大切なものだということは皆さんご存知のはずです。

保湿とは何かと言うと、「肌の中に適切な水分が保持された状態のこと」をさしています。
保持できていなければ「保湿」とは言えません。
身体全体の肌に必要なものですが、デリケートゾーンに関しても同じことが言えます。

保湿が充分でない場合、肌は乾燥して皮膚は硬くなり、黒ずみの原因にもなってしまうからです。
肘や膝、踵などの乾燥しやすい部分では硬くなってしまうことに気を使いますから、保湿ケアは充分に行えるでしょう。

しかし、実際にはのぞき見ないと分からない部分の乾燥と黒ずみは、気付かないうちに進行してしまうのです。
この部分の黒ずみの原因も、また、潤い不足からと言われていますから注意したいですね。

予防はもちろんのこと、黒ずみを軽減させるためにも保湿が大切になってきます。
もちろんイビサクリーム自体にも保湿成分はたっぷり配合されていますが、それ以上に重ねて保湿性の高いクリームを使用することで、効果は倍増されるという訳です。

お勧めの保湿クリームは?

イビサクリームとの相性のよいクリームがあれば申し分ないのですが、特には無いとのこと。
ご自身が使用している相性の良い・馴染みのあるクリームがあれば、そのまま使用してみてください。
高価な保湿クリームを購入するよりも手軽ですし、馴染んでいるのであれば安心感もあります。

もし、ぴったりの保湿クリームが欲しいと思っている場合にお勧めなのは「低刺激のクリーム」です。
赤ちゃんが使用するような、ベビークリーム系のものな安心かもしれません。
身体の中で一番デリケートな部分に使用するのですから、イビサクリームと同様に刺激物の使用は避けましょう。

イビサクリーム自体も、香料や着色料、パラベンなどは使用していません。
同じくらい低刺激の保湿クリームを使用することで、追加のケアは保湿アップの効果が期待できます。

更なるケアは健康的な生活です

何か身体に異常があった場合、「健康的な生活を心がけましょう」と口うるさいくらいに言われています。
肌に関しても「にきび」や「油性肌」「乾燥肌」「紫外線対策」と沢山ありますね。

それは、不健康な生活が原因でホルモンバランスが乱れることによって起こるからです。
もちろん「デリケートゾーンの黒ずみ」の原因もそうなのだとか。

「生活習慣の乱れ」から起こるホルモンバランスの崩れは、黒ずみの原因である物質・メラニンを作り出しやすくするそうです。
肌のターンオーバーの乱れはメラニンを溜めやすくしますし、そして身体中のメラニンは増えていきます。

メラニンの作用は、顔や腕・脚などの目立つ部分はもちろん、外からは見えないデリケートゾーンにも影響します。
紫外線の予防のための肌ケアと同様に、デリケートゾーンのケアも必要なのです。
正常なホルモン・バランスを保つには、しっかりとした健康的な生活習慣と叫ばれる理由です。

規則正しい生活でデリケートゾーン黒ずみを解消

デリケートゾーン黒ずみを解消する近道が、実は日常的な生活改善にあることは理解いただけたでしょうか。
自分の生活に合った「充分な睡眠」と「健康的な食事」さらに欲しい「ストレス開放の時間」、充実した健康的な生活はあなたを悩みから解放してくれるでしょう。

時間に縛られた生活が現代人の一般的なものになっていますが、規則正し過ぎては息苦しくストレスの塊になってしまいかねません。
健康的な生活も過度になり過ぎないよう、自分に合わせた生活をみつけることが大切になりますね。

まとめとして

イビサクリームの使用と共に合わせていくケア方法、「保湿のクリームでの追加ケア」と「規則正しい健康的な生活での総合ケア」の2つを上げました。
この方法を続けていくことで、お望みの「赤ちゃんのようなピンクの肌」は、夢ではなくなるでしょう。
イビサクリームと共に、日々しっかりと続けてくださいね。

イビサクリームの効果的な使用法

デリケートゾーンの黒ずみを薄くして解消してくれる「イビサクリーム」、その効果的な使用法をお教えします。
その使用方法と塗り方について、直接取材を開発会社に行いました。
細かな点までしっかりとお伝えします。

ジェル状だから塗りやすいクリーム

まずは基本的な使用法です。
この手順で塗ることで、とても効果的に塗布できます。
何も変わった方法ではありませんが、まずは基本に沿って使用してみてください。

手順その1

まず最初にすること、それは手を綺麗に洗うことから始めます。
なにしろ塗る場所が非常にデリケートな部分です。

クリームと共に「汚れや雑菌」まですり込んでしまっては大変ですから、これは納得の手順ですね。
「手指を清潔にする」ことは、肌荒れに注意し、さらなる黒ずみを重ねないために、そしてクリームがキチンと効果を発揮できるように、とても大切なことです。

その方法は普通の手洗いで充分ですし、入浴後であればそのままで大丈夫です。
外出先から帰宅した場合の手洗いは、通常の方法(ソープなどで洗ってから水で流す)で充分ですし、自宅に居て汚れていない時には水洗いだけでも良いでしょう。
それほど神経質にならなくとも良いのですが、手指を清潔にすることは肝心と覚えましょう。

手順その2

清潔な掌にチューブから適量押し出します。
5円玉くらいが目安になりますが、この量が絶対とは限りません。
量は黒ずみの範囲にも関係しますし、また個人差もありますから、自分で適量と思われる量で始めてみましょう。

塗った感じから、黒ずみの範囲に対して足りなければ増やせばよいことですし、充分と思ったら少なくしても良いのです。
チューブ式のクリームですから量の加減は自由に出来るので、自分自身の感覚で増減してみましょう。

手順その3

気になる黒ずみに塗る量を考えて、まず5円玉分を掌に押し出して乗せ、適当な量を指先にすくって優しく塗り込みます。
ジェル状のクリームでよく伸びるので、軽くなでるだけで滑らかに塗り広げることができます。

はみ出してしまっても、気にすることはありません。
広めに塗布することで、黒ずみ部分はしっかりとケアが出来ますし、またそれも必要なことです。
しっかりと黒ずみの周辺にまで、馴染ませましょう。
美容成分を多く含むケアクリームですから、黒ずみよりも広く塗ることで悪い影響考えられませんし、むしろ広く肌を美容ケア出来るのですから一石二鳥ですよね。
イビサクリームを塗ることで、肌が潤い美しくなれるというイメージが作れますから、とても良いイメージに繋がります。

1〜3まで終わったらさらにもう一度塗る

使用手順どおりにクリームを塗って乾いたら、さらにクリームを塗ります。
二度塗りすることで、ケア成分にさらにしっかりと浸透させることになります。
二度塗りすることで、デリケートゾーンの黒ずみは確実にケアされます。
頑固でなかなか薄くならないしつっこい黒ずみ対策には、二度塗りはおススめですよ。

塗る回数やタイミングは?

基本的な回数は、1日に2回(朝と晩)が理想的でしょう。
起床時と就寝前になりますが、各々日常の流れを考えて1日2回を決めましょう。
習慣化することが大事に成ります。

そうすることでクリームの効き目が上がると考えられるからです。
しかし、無理はストレスになってしまいますから、止むを得ない場合には多少のズレは気にしないようにしましょう。

忘れることもあると思いますが、重病の際の服用薬とは違うのですから、気に病むことはありません。
あまり神経質に考えず、「基本は1日に2回の塗布」と思って心がけるようにすれば良いでしょう。
「毎日2回塗ることで効果が上がる・綺麗な肌が待っている」と考えて頑張ってください。

塗る回数で効果は違う?

1日に2回が基本としてのクリーム塗布です。
1日に1回の塗布の場合は、効果は少し減少してしまうことはあると思います。

ただ、塗らないよりはずっと益しですから、それなりの効果は期待できます。
量が少なくなれば効きめも少なくなるのは道理が、それでも塗らないよりは1日に1回でも塗ることを続けてください。
二度塗りを1日1回できるのなら、なるべく続けましょう。

ただ、基本は1日に2回塗布ですから、できるなら続けることをお勧めします。
難しいことはありません。
自分の時間と必要に合わせて、イビサクリームを活用し、黒ずみの無い美しい肌を取り戻してください。

イビサクリームが持つ3つの強みとは

イビサクリームと検索すると、口コミがいっぱい表示されますから評判は良いようです。
「塗るだけで黒ずみが解消される」と言う口コミが、いろいろなネットで紹介されています。

では、このイビサクリームには、どのような優れた特徴があり、またどのような強みがあるのでしょうか。
そして、さらには劣っている部分や弱みやメリットについても探ってみました。
直接、イビサクリームの開発会社の社長に、突撃取材した結果を発表します。

特徴その1 美白効果がとても高い

「特化した美白成分」が「デリケートゾーンの黒ずみも薄める」と大変な評判です。
その強みとメリットは、言うまでも無く「美白が非常に強い」ことにあります。
黒ずみを薄くする効果のもとは、「トラネキサム酸」という美白成分ですが、この効果が絶大なのだそうです。

その効果は、黒ずみの原因になってしまう「メラニンの生成」を抑え、黒ずみに攻めのアプローチを働きかける「トラネキサム酸」や、肌のダメージを守ってターンオーバーを促がす「グリチルリチン酸2K」等が、しっかりと肌をケアするからです。
これ等の働きで、メラニンが徐々に減少し、デリケートゾーンの黒ずみが薄まって解消される訳です。

効果が現れるには、1〜2ヶ月の期間が必要なのですが、それでも他の「デリケートゾーの黒ずみ解消クリームよりも短い」と言うことですから、凄いですね。
美白の効果が高い成分の配合が、効果抜群ということでしょう。

特徴その2 肌の総合ケアもお任せ

イビサクリームには、各種の化粧品の役目もあるとのこと。
デリケートゾーンのケアだけではなく、肌の総合的なケアの働きも兼ね備えています。
それは「ターンオーバーの促進の力」を発揮するためです。
一般的な肌の荒れや乱れは、周期的なターンオーバーの自力によって生まれ変わり、元の美しい肌にもどるのが正常な働きとされています。
その「ターンオーバーの促進」を高めて黒ずみは解消していくのですが、イビサクリームにはそれ以外にも、今流行の「オールインワンの美容品」の役割も果たしてくれます。
「化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック」という5つの美容のための成分が、しっかり入っているのです。
イビサクリーム一つ塗ることで、肌の総合ケアは完成するのですから、デリケートゾーンだけのクリームではありませんね。

5つの化粧品の役割について

化粧水の役割とは

肌には保湿がとても重要です。
きちんと保湿されていることで、外部から水分が染み込むことはありませんから、プールや海に入っても水が肌に染み込まないのです。
肌の表面までキチンと保湿するためには、化粧水のような調整された成分が絶対に必要なのです。

乳液の役割

しっかり保湿を心がけていても、水分は蒸発してしまいます。
化粧水の上から乳液でカヴァーすることで、肌から水分が蒸発するのを防ぐのです。
肌を乳液に含まれる油分でしっかりと覆うことで、水分は蒸発しにくくなります。

クリームの役割

乳液と同じ理由で、肌の水分を逃がさないように保護する役目を果たしています。
成分が濃いために保湿効果は高まりますし、持続もしますから、就寝前のお手入れには効果的です。
就寝中に「クリーム内の様々な栄養素」が補給もしてくれますから、肌は保湿と合わせて充分なケアをもらえることになります。

美容液の役割

女性は美に対しては貪欲ですから、肌を今まで以上に美しくしたい為に、美容液の力も欲しいと望むのです。
「肌の張り」「しわ」などの気になるところが、しっかりとケアされればとても嬉しいですし、結果が見えたら満足度は高くなります。
普通の化粧品のケアだけではない特別なケアで、肌はさらに美しく輝きます。

パックの役割

パックの力は常時ではなく、一時的な力の発揮です。
肌を美容成分でラップして、ケア成分を肌のより深い層まで浸透させてくれます。

表面的なケアではなく、肌の奥まで浸み込むことで、とても強いケアになります。

イビサクリームは、これら5つの効果を全て持ち合わせていますから、肌を総合的にケアしますが、特に目立つ効果はどれなのでしょうか?
「乳液効果」が非常に強いので、水分がしっかりと保持されて肌の潤いは長く続きます。
保湿が肌を美しく保ちますし、ターンオーバーの正常化にも効果が大きく出ます。

肌を、しっかりと生まれ変わらせるために活発に促進を続けて、肌の中に溜まってしまったメラニンをしっかり排出させるのです。

イビサクリームのとても凄い特徴は、肌の総合ケアが簡単に手軽にできると言うことです。
「黒ずみ解消+肌を美しくしてくれる」というダブルの効果が嬉しいですね。

特徴3 ジェル状クリームでとても伸びがよい

使用感もとても大切な要素だと思います。
イビサクリームはジェル状クリームですから、とても伸びがよく、しかも肌によく馴染みます。
なにしろ使用する部分がデリケートな部分ですから、硬い使用感は避けたいですし、気持ちよく使用したいですね。

かと言って、水分過多でも困ってしまいます、しっかりと肌になじんでくれることが大切になってきます。
見えない部分ではあっても、動く際は使用しなくては動けない場所なのですから…。

伸びがよくなじみやすいクリームということでも、その使用感は多くの方から好評を寄せられています。
使用感がとても好評ということと肌全体に効果があるということは、イビサクリームのとてもすごい強みですね。