イビサクリームと組み合わせて効果を上げるケア方法

女性にとっては非常に悩み深い「デリケートゾーンの黒ずみを解消」するイビサクリームはご存知でしょう。
このクリームを使用しながら、さらに早くもっと上のケアが望める方法があります。
イビサクリームと組み合わせるだけですから、非常に簡単なのですが、素人には考えつかない専門的な方法でもあります。
イビサクリームの開発に関わった方に、特別に教えていただいた「効果的な解消法」と「追加ケアの方法」をお教えしますね。

イビサクリームの後にボディクリームでケア

効果を上げることで、より早く綺麗にしたいですよね。
いくつかある効果的な方法の中でも、一番にお勧めしたいのが「ボディクリームによる保湿」です。
イビサクリームを塗り、さらにその上から保湿用のクリームでケアするのですが、この方法でイビサクリームの効果はアップします。

肌を充分に保湿することが効果アップに繋がること、黒ずみ部分を薄めてくれること、それは保湿がとても大切なことと教えてくれています。

保湿が最も重要な訳

それは、デリケートゾーンの黒ずみの原因のひとつに「乾燥」が関係しているからです。
保湿クリームの働きは肌を乾燥から守りますが、肌には保湿はとても大切なものだということは皆さんご存知のはずです。

保湿とは何かと言うと、「肌の中に適切な水分が保持された状態のこと」をさしています。
保持できていなければ「保湿」とは言えません。
身体全体の肌に必要なものですが、デリケートゾーンに関しても同じことが言えます。

保湿が充分でない場合、肌は乾燥して皮膚は硬くなり、黒ずみの原因にもなってしまうからです。
肘や膝、踵などの乾燥しやすい部分では硬くなってしまうことに気を使いますから、保湿ケアは充分に行えるでしょう。

しかし、実際にはのぞき見ないと分からない部分の乾燥と黒ずみは、気付かないうちに進行してしまうのです。
この部分の黒ずみの原因も、また、潤い不足からと言われていますから注意したいですね。

予防はもちろんのこと、黒ずみを軽減させるためにも保湿が大切になってきます。
もちろんイビサクリーム自体にも保湿成分はたっぷり配合されていますが、それ以上に重ねて保湿性の高いクリームを使用することで、効果は倍増されるという訳です。

お勧めの保湿クリームは?

イビサクリームとの相性のよいクリームがあれば申し分ないのですが、特には無いとのこと。
ご自身が使用している相性の良い・馴染みのあるクリームがあれば、そのまま使用してみてください。
高価な保湿クリームを購入するよりも手軽ですし、馴染んでいるのであれば安心感もあります。

もし、ぴったりの保湿クリームが欲しいと思っている場合にお勧めなのは「低刺激のクリーム」です。
赤ちゃんが使用するような、ベビークリーム系のものな安心かもしれません。
身体の中で一番デリケートな部分に使用するのですから、イビサクリームと同様に刺激物の使用は避けましょう。

イビサクリーム自体も、香料や着色料、パラベンなどは使用していません。
同じくらい低刺激の保湿クリームを使用することで、追加のケアは保湿アップの効果が期待できます。

更なるケアは健康的な生活です

何か身体に異常があった場合、「健康的な生活を心がけましょう」と口うるさいくらいに言われています。
肌に関しても「にきび」や「油性肌」「乾燥肌」「紫外線対策」と沢山ありますね。

それは、不健康な生活が原因でホルモンバランスが乱れることによって起こるからです。
もちろん「デリケートゾーンの黒ずみ」の原因もそうなのだとか。

「生活習慣の乱れ」から起こるホルモンバランスの崩れは、黒ずみの原因である物質・メラニンを作り出しやすくするそうです。
肌のターンオーバーの乱れはメラニンを溜めやすくしますし、そして身体中のメラニンは増えていきます。

メラニンの作用は、顔や腕・脚などの目立つ部分はもちろん、外からは見えないデリケートゾーンにも影響します。
紫外線の予防のための肌ケアと同様に、デリケートゾーンのケアも必要なのです。
正常なホルモン・バランスを保つには、しっかりとした健康的な生活習慣と叫ばれる理由です。

規則正しい生活でデリケートゾーン黒ずみを解消

デリケートゾーン黒ずみを解消する近道が、実は日常的な生活改善にあることは理解いただけたでしょうか。
自分の生活に合った「充分な睡眠」と「健康的な食事」さらに欲しい「ストレス開放の時間」、充実した健康的な生活はあなたを悩みから解放してくれるでしょう。

時間に縛られた生活が現代人の一般的なものになっていますが、規則正し過ぎては息苦しくストレスの塊になってしまいかねません。
健康的な生活も過度になり過ぎないよう、自分に合わせた生活をみつけることが大切になりますね。

まとめとして

イビサクリームの使用と共に合わせていくケア方法、「保湿のクリームでの追加ケア」と「規則正しい健康的な生活での総合ケア」の2つを上げました。
この方法を続けていくことで、お望みの「赤ちゃんのようなピンクの肌」は、夢ではなくなるでしょう。
イビサクリームと共に、日々しっかりと続けてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*