イビサクリームの効果的な使用法

デリケートゾーンの黒ずみを薄くして解消してくれる「イビサクリーム」、その効果的な使用法をお教えします。
その使用方法と塗り方について、直接取材を開発会社に行いました。
細かな点までしっかりとお伝えします。

ジェル状だから塗りやすいクリーム

まずは基本的な使用法です。
この手順で塗ることで、とても効果的に塗布できます。
何も変わった方法ではありませんが、まずは基本に沿って使用してみてください。

手順その1

まず最初にすること、それは手を綺麗に洗うことから始めます。
なにしろ塗る場所が非常にデリケートな部分です。

クリームと共に「汚れや雑菌」まですり込んでしまっては大変ですから、これは納得の手順ですね。
「手指を清潔にする」ことは、肌荒れに注意し、さらなる黒ずみを重ねないために、そしてクリームがキチンと効果を発揮できるように、とても大切なことです。

その方法は普通の手洗いで充分ですし、入浴後であればそのままで大丈夫です。
外出先から帰宅した場合の手洗いは、通常の方法(ソープなどで洗ってから水で流す)で充分ですし、自宅に居て汚れていない時には水洗いだけでも良いでしょう。
それほど神経質にならなくとも良いのですが、手指を清潔にすることは肝心と覚えましょう。

手順その2

清潔な掌にチューブから適量押し出します。
5円玉くらいが目安になりますが、この量が絶対とは限りません。
量は黒ずみの範囲にも関係しますし、また個人差もありますから、自分で適量と思われる量で始めてみましょう。

塗った感じから、黒ずみの範囲に対して足りなければ増やせばよいことですし、充分と思ったら少なくしても良いのです。
チューブ式のクリームですから量の加減は自由に出来るので、自分自身の感覚で増減してみましょう。

手順その3

気になる黒ずみに塗る量を考えて、まず5円玉分を掌に押し出して乗せ、適当な量を指先にすくって優しく塗り込みます。
ジェル状のクリームでよく伸びるので、軽くなでるだけで滑らかに塗り広げることができます。

はみ出してしまっても、気にすることはありません。
広めに塗布することで、黒ずみ部分はしっかりとケアが出来ますし、またそれも必要なことです。
しっかりと黒ずみの周辺にまで、馴染ませましょう。
美容成分を多く含むケアクリームですから、黒ずみよりも広く塗ることで悪い影響考えられませんし、むしろ広く肌を美容ケア出来るのですから一石二鳥ですよね。
イビサクリームを塗ることで、肌が潤い美しくなれるというイメージが作れますから、とても良いイメージに繋がります。

1〜3まで終わったらさらにもう一度塗る

使用手順どおりにクリームを塗って乾いたら、さらにクリームを塗ります。
二度塗りすることで、ケア成分にさらにしっかりと浸透させることになります。
二度塗りすることで、デリケートゾーンの黒ずみは確実にケアされます。
頑固でなかなか薄くならないしつっこい黒ずみ対策には、二度塗りはおススめですよ。

塗る回数やタイミングは?

基本的な回数は、1日に2回(朝と晩)が理想的でしょう。
起床時と就寝前になりますが、各々日常の流れを考えて1日2回を決めましょう。
習慣化することが大事に成ります。

そうすることでクリームの効き目が上がると考えられるからです。
しかし、無理はストレスになってしまいますから、止むを得ない場合には多少のズレは気にしないようにしましょう。

忘れることもあると思いますが、重病の際の服用薬とは違うのですから、気に病むことはありません。
あまり神経質に考えず、「基本は1日に2回の塗布」と思って心がけるようにすれば良いでしょう。
「毎日2回塗ることで効果が上がる・綺麗な肌が待っている」と考えて頑張ってください。

塗る回数で効果は違う?

1日に2回が基本としてのクリーム塗布です。
1日に1回の塗布の場合は、効果は少し減少してしまうことはあると思います。

ただ、塗らないよりはずっと益しですから、それなりの効果は期待できます。
量が少なくなれば効きめも少なくなるのは道理が、それでも塗らないよりは1日に1回でも塗ることを続けてください。
二度塗りを1日1回できるのなら、なるべく続けましょう。

ただ、基本は1日に2回塗布ですから、できるなら続けることをお勧めします。
難しいことはありません。
自分の時間と必要に合わせて、イビサクリームを活用し、黒ずみの無い美しい肌を取り戻してください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*