アットベリージェルとイビサクリームはどちらがおすすめ?

アットベリージェルに対抗するように、一気にシェアを伸ばしてきている黒ずみ対策クリームが、イビサクリームです。
アットベリージェルもデリケートゾーンに対応していますが、イビサクリームはさらにそれよりもデリケートゾーンに特化した製品として人気急上昇中の製品です。

デリケートゾーンなどの弱い部分はもちろん、粘膜部分の使用にも耐えうるイビサクリームですが、今回はそのイビサクリームとアットベリージェルの二つについて詳しくまとめて行きたいと思います。

まず特徴的なのが、どちらも同じ医薬部外品ということです。
アットベリージェルは基本的に、二の腕やわきの下などに使用できるもので、薄着でわきの下や二の腕が見えやすい時期に使うのがおすすめな製品です。
対してイビサクリームはデリケートゾーンに非常に効果の高いものですが、使い方、効能はほとんど変わりません。

言うまでもなく、アットベリージェルをデリケートゾーンに使うことも可能ですし、イビサクリームをわきの下などのデリケートゾーン以外の場所に使うことも可能です。

しかし、この両方は全く同じというわけではありません。
わずかながらですが、成分に差があります。

アットベリージェルの商品スペックは

製品名 薬用アットベリージェル
価格 定期コース:5,200円⇒ 4,700円(送料無料) 通常購入:6,500円(送料650円)
ジャンル ワキ・二の腕の黒ずみ対策ジェル
返金保証 60日間 ⇒ 180日間に延長!
内容量 60g(約1カ月分)
主に使える部分 ワキ、ひじ、ひざ、二の腕、お尻、顔(小鼻、目元など)、首筋
アットベリージェルの潤い成分 レハロース、ヒアルロン酸、甘草フラボノイド、プラセンタエキス、エラスチン、セラミド、コラーゲン等…

となります、

イビサクリームの商品スペックは?

製品名 イビサクリーム
価格 定価価格:4,970円(送料無料) ⇒ クレジット決済で4,470円  通常価格:7,000円(送料360円+決済手数料150円)
ジャンル デリケートゾーン(V・I・Oライン)の黒ずみ対策ジェル
返金保証 28日間
内容量 35ml(約1カ月分)
イビサクリームの潤い成分 ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリセリン、BG、ローズ水、シロキクラゲ多糖体、乳酸ナトリウム液等…

になります。
成分と同時に、内容量と値段に差があります。
値段が安いのは、定期コースのクレジットカード決済でのイビサクリームです。
これに加えて3回目の受け取りとなる使用3か月目以降は、さらに10%オフされ、月4700円のところ4473円ににあるのが特徴です。
送料は初回から無料です。

しかし、1個の内容量に大きな差があります。
アットベリージェルは1個60グラムですが、アットベリージェルはわずか35グラムしかありません。
もちろん、1回の使用量なども決められているため、使用期間もある程度は想定されていますが、それでも物足りなく感じるという方は多いかもしれません。
期間にすると、もちろん個人差はあるかと思いますが、イビサクリーム1個で1か月ほど、アットベリージェルは1個で1か月と1週間、2週間ほどは持つかもしれません。
さらに、アットベリージェルは名前の通りジェル状ですので、伸びも非常によく、浸透力にも優れているため、高いコスパがあります。

また、個人的には使い心地もアットベリージェルの軍配が上がります。
イビサクリームは香りも特になく、合う合わないの問題こそありませんが、クリームタイプなため人によっては伸びが悪く感じられることもあります。
しかし、アットベリージェルは伸びがよく、また乾きやすいため、塗った後は非常にさらっとしやすくなるのが特徴です。
アットベリージェルのにおいは若干ウッド系の甘めのにおいで、これは人を選ぶかもしれませんが、個人的には非常に気に入っています。

気になる黒ずみ予防効果と美白力

一番肝心の、イビサクリームとアットベリージェルの美白力と黒ずみ予防効果ですが、この二つは成分こそ違いますが、力的にはほぼ同程度と考えられます。
アットベリージェルの成分は、メラニン生成を防ぐ5種類の美白成分が、イビサクリームは美白成分に加えて炎症を抑える作用のあるトラネキサム酸が含まれているのが大きな違いになります。

この違いは言わば、美白で明るくするのか、炎症などを改善して黒ずみを抑え、防ぐのに役立つのか、という違いでもあります。
このため、使用方法にも違いが生まれるということです。
イビサクリームはくっきりと見える一部分に使ってピンポイントで黒ずみを改善していき、アットベリージェルはぼんやりとした広範囲に使うという違いがあります。

例えばアットベリージェルがおすすめな方は、コスパ重視の方はもちろん、広範囲の黒ずみをとりあえずでも、少しでも改善したいという方や、ひじなど皮膚の堅いところの黒ずみを改善したい方などで、イビサクリームがおすすめな方はデリケートゾーンのケアをしたい方はもちろん、アンダーヘアなどを自己処理して、黒ずみが起きている方などにおすすめです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*