2017年 11月 の投稿一覧

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある成分とは?

デリケートゾーンに黒ずみがあるとしたら、女性にとっては悩みの種になります。
人に相談し難い話ですし、不潔な印象を与えますし、異性には「遊んだ結果」かと誤解もされかねません。

そして、悶々と一人悩んでしまうことになりそうですね。
しかし、インターネット通販やドラッグストアでも「デリケートゾーンの黒ずみを改善するケア商品」が出ているのですから、あなた一人の問題でもないのです。

ケア用品のタイプは様々で、クリームやジェル、石鹸などがあります。
これらに含まれている成分が、「どのようなもので」「どのような効果があるのか」しっかり知ることで選ぶ際の参考にしてください。

効果のある成分の一覧

アルブチン

メラニン色素の働きを抑えてシミやソバカスなどを改善する成分です。
厚生労働省にも認可されている美白成分の中でも、特に効果が高いものです。
この成分が配合されたものを選ぶときには、肌に優しい天然アルブチンを選びましょう。

ハイドロキノン

沈着してしまったシミに効果を発揮します。
メラニンの生成を抑え、メラニンを作る細胞そのものを減少させる効果を持つ心強い成分です。
ただ日本では、濃度制限がかかっている成分なので、皮膚科医などの処方が必要になります。

ビタミンC

おなじみのビタミンですが、誘導体美白のビタミンと呼ばれています。
ビタミンC誘導体と呼ばれている成分は、より肌に浸透することができるように改良したもので、ニキビ等にとても効く成分として知られてもいます。
美白効果では、メラニンの色素を抑制し、抗炎症作用やコラーゲンの生成を促す効果があります。

プラセンタ

プラセンタは、肌のターンオーバーを促進する効果に優れていて、アンチエイジングにも効きめが凄いと定評がある成分です。
デリケートゾーンの黒ずみは、肌のターンオーバーが低下していることが原因の一つとされていますから、効果が期待できます。

アロエ

庭に植えられているのをよく見ますね。
火傷などに効く抗炎症作用がある成分ですが、シミやソバカスを薄くする効果もあり、また
メラニンの生成を抑制することから、予防にも役立てることができます。
さらに保湿効果もありますから、デリケートゾーンの乾燥によって起こる摩擦が原因の黒ずみにも効果を発揮します。

パルミチン酸アスコルピルリン酸

長い名前ですが、大きく分類するとビタミンC誘導体の一種とされています。
リン酸基とパルミチン酸基の2つが結合して作られていますから、ビタミンCの弱点でもある「酸化しやすく、また肌に馴染みにくい」という点を克服した成分です。
なんと、ビタミンCの1000倍もの浸透性を持つ心強い成分で、肌に浸透することでビタミンCに変化をし、美白効果を発揮してくれます。

フラーレン

聞きなれない名前ですが、女性の憧れであるダイヤモンドと同じ炭素の同素体物質だそうですよ。
しかも形はサッカーボールに似ているとか、とてもユニークで覚えやすいかも知りません。

紫外線を浴びることで生まれるメラニンを抑制し、メラニンによる色素沈着を抑える効果を持っているのですから、しっかり覚えてあげましょう。
近年注目を集めている理由が、美白成分がビタミンCの125倍にもなると言うこと。

デリケートゾーンを直接紫外線に当てる機会は非常に少ないと思いますが、紫外線は薄手の衣類であれば通り抜ける性質を持っています。
初耳だったのですが、目から紫外線を吸収することで、全身が紫外線を浴びるのと同じ効果が生まれてしまうとのこと、油断はできませんね。

白金ナノコロイド

強い抗酸化作用を持つ成分で、コエンザイムQ10やビタミンC、ポリフェノールなどを上回る効果が期待できる成分として、非常に注目を集めています。
紫外線の浴び過ぎによって発生した活性酸素に、直接働きかけることで肌を若々しく保つことが可能です。

浸透型ビタミンC

肌の表皮に作用する水溶性ビタミンC誘導体と、肌の真皮に作用する油溶性ビタミンC誘導体の両方のメリットを持つように開発されました。
新型ビタミンC誘導体とも言われていて、刺激が少なく浸透性が高いなどのメリットがあります。
浸透型のビタミンC誘導体には、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS アプレシエ)などがあります。

甘草フラボノイド

ビタミンCの257倍の美白効果を持っています。
カンゾウフラボノイドと言われ、メラニンの生成抑制作用に非常に優れています。
さらに活性酸素の除去効果で、若々しい肌をキープするとも言われています。

甘草フラボノイドは単体では肌に染み込ませることができませんが、油に溶ける性質を利用してホホバオイルなどと合わせて浸透させます。

フラバンジェノール

紫外線を受けることでできる、メラニンを作る酵素となるチロシナーゼを抑制する作用を持っています。
メラニンの生成や働きを抑えることができる上に、ビタミンCの600倍もの抗酸化力を持つとても頼もしい成分です。

ヒアルロン酸

美容ではなじみの在る成分ですが、元々人体に存在しているゼリー状の物質です。
保湿を目的とする化粧水やクリームなどに配合されていることが多い為、「美白効果があるのかどうか」と疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、保湿効果が高いからこそ、下着との摩擦などによって起こる乾燥状態を改善することができますし、また色素沈着を防ぐことができるのです。
黒ずみを予防する目的として使用します。

コラーゲン

保湿は美容には欠かせませんから、美容品としては有名な成分ですね。
肌にハリやツヤ、潤いをもたらす効果がありますが、美白にも深く関係しています。
充分な摂取は、肌のターンオーバーを正常に整えますから、黒ずみの改善にも役立ちます。

トラネキサム酸

アミノ酸の一種で、顔の肝斑治療薬として用いられることもあります。
メラニンの生成を抑制する作用や、炎症を抑える作用などがあるために、シミやソバカスを改善して美白効果を得ることができます。

グリチルリチン酸2K

代表的な消炎成分の一つです。
グリチルリチン酸ジカリウムとも呼ばれていて、マメ科の植物である甘草の根や茎から抽出される薬用成分です。

甘草といえば漢方でも有名な薬成分ですよね。
ですから直接的に美白効果がある訳ではなく、高い抗炎症効果がある為に、紫外線や摩擦による刺激から肌を守ることができ、結果的に美白につながると言うことのようです。
間接的効果と言うことでしょうか。

トレチノイン

シミやニキビの治療薬として使われています。
ビタミンA誘導体の一つで、古い角質を排除して皮膚の再生を積極的にする作用があります。

ハイドロキノンと併用で相乗効果を期待することができますが、日本国内ではハイドロキノンと同様に濃度制限がかかっています。
結果、皮膚科医などの処方が必要になることがほとんどです。

ビタミンE

皮膚の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進することができる成分です。
「若返りのビタミン」とも呼ばれていて、老化やシミ、シワなどの原因となる活性酸素を除去する作用があります。

紫外線の浴び過ぎによって体内では活性酸素が発生してしまいますが、メラニンの発生を抑え、また高い抗酸化作用によって、外部の刺激から肌を守るバリア機能を正常にする働きも持つ頼もしい成分です。

イビサクリームと組み合わせて効果を上げるケア方法

女性にとっては非常に悩み深い「デリケートゾーンの黒ずみを解消」するイビサクリームはご存知でしょう。
このクリームを使用しながら、さらに早くもっと上のケアが望める方法があります。
イビサクリームと組み合わせるだけですから、非常に簡単なのですが、素人には考えつかない専門的な方法でもあります。
イビサクリームの開発に関わった方に、特別に教えていただいた「効果的な解消法」と「追加ケアの方法」をお教えしますね。

イビサクリームの後にボディクリームでケア

効果を上げることで、より早く綺麗にしたいですよね。
いくつかある効果的な方法の中でも、一番にお勧めしたいのが「ボディクリームによる保湿」です。
イビサクリームを塗り、さらにその上から保湿用のクリームでケアするのですが、この方法でイビサクリームの効果はアップします。

肌を充分に保湿することが効果アップに繋がること、黒ずみ部分を薄めてくれること、それは保湿がとても大切なことと教えてくれています。

保湿が最も重要な訳

それは、デリケートゾーンの黒ずみの原因のひとつに「乾燥」が関係しているからです。
保湿クリームの働きは肌を乾燥から守りますが、肌には保湿はとても大切なものだということは皆さんご存知のはずです。

保湿とは何かと言うと、「肌の中に適切な水分が保持された状態のこと」をさしています。
保持できていなければ「保湿」とは言えません。
身体全体の肌に必要なものですが、デリケートゾーンに関しても同じことが言えます。

保湿が充分でない場合、肌は乾燥して皮膚は硬くなり、黒ずみの原因にもなってしまうからです。
肘や膝、踵などの乾燥しやすい部分では硬くなってしまうことに気を使いますから、保湿ケアは充分に行えるでしょう。

しかし、実際にはのぞき見ないと分からない部分の乾燥と黒ずみは、気付かないうちに進行してしまうのです。
この部分の黒ずみの原因も、また、潤い不足からと言われていますから注意したいですね。

予防はもちろんのこと、黒ずみを軽減させるためにも保湿が大切になってきます。
もちろんイビサクリーム自体にも保湿成分はたっぷり配合されていますが、それ以上に重ねて保湿性の高いクリームを使用することで、効果は倍増されるという訳です。

お勧めの保湿クリームは?

イビサクリームとの相性のよいクリームがあれば申し分ないのですが、特には無いとのこと。
ご自身が使用している相性の良い・馴染みのあるクリームがあれば、そのまま使用してみてください。
高価な保湿クリームを購入するよりも手軽ですし、馴染んでいるのであれば安心感もあります。

もし、ぴったりの保湿クリームが欲しいと思っている場合にお勧めなのは「低刺激のクリーム」です。
赤ちゃんが使用するような、ベビークリーム系のものな安心かもしれません。
身体の中で一番デリケートな部分に使用するのですから、イビサクリームと同様に刺激物の使用は避けましょう。

イビサクリーム自体も、香料や着色料、パラベンなどは使用していません。
同じくらい低刺激の保湿クリームを使用することで、追加のケアは保湿アップの効果が期待できます。

更なるケアは健康的な生活です

何か身体に異常があった場合、「健康的な生活を心がけましょう」と口うるさいくらいに言われています。
肌に関しても「にきび」や「油性肌」「乾燥肌」「紫外線対策」と沢山ありますね。

それは、不健康な生活が原因でホルモンバランスが乱れることによって起こるからです。
もちろん「デリケートゾーンの黒ずみ」の原因もそうなのだとか。

「生活習慣の乱れ」から起こるホルモンバランスの崩れは、黒ずみの原因である物質・メラニンを作り出しやすくするそうです。
肌のターンオーバーの乱れはメラニンを溜めやすくしますし、そして身体中のメラニンは増えていきます。

メラニンの作用は、顔や腕・脚などの目立つ部分はもちろん、外からは見えないデリケートゾーンにも影響します。
紫外線の予防のための肌ケアと同様に、デリケートゾーンのケアも必要なのです。
正常なホルモン・バランスを保つには、しっかりとした健康的な生活習慣と叫ばれる理由です。

規則正しい生活でデリケートゾーン黒ずみを解消

デリケートゾーン黒ずみを解消する近道が、実は日常的な生活改善にあることは理解いただけたでしょうか。
自分の生活に合った「充分な睡眠」と「健康的な食事」さらに欲しい「ストレス開放の時間」、充実した健康的な生活はあなたを悩みから解放してくれるでしょう。

時間に縛られた生活が現代人の一般的なものになっていますが、規則正し過ぎては息苦しくストレスの塊になってしまいかねません。
健康的な生活も過度になり過ぎないよう、自分に合わせた生活をみつけることが大切になりますね。

まとめとして

イビサクリームの使用と共に合わせていくケア方法、「保湿のクリームでの追加ケア」と「規則正しい健康的な生活での総合ケア」の2つを上げました。
この方法を続けていくことで、お望みの「赤ちゃんのようなピンクの肌」は、夢ではなくなるでしょう。
イビサクリームと共に、日々しっかりと続けてくださいね。

イビサクリームの効果的な使用法

デリケートゾーンの黒ずみを薄くして解消してくれる「イビサクリーム」、その効果的な使用法をお教えします。
その使用方法と塗り方について、直接取材を開発会社に行いました。
細かな点までしっかりとお伝えします。

ジェル状だから塗りやすいクリーム

まずは基本的な使用法です。
この手順で塗ることで、とても効果的に塗布できます。
何も変わった方法ではありませんが、まずは基本に沿って使用してみてください。

手順その1

まず最初にすること、それは手を綺麗に洗うことから始めます。
なにしろ塗る場所が非常にデリケートな部分です。

クリームと共に「汚れや雑菌」まですり込んでしまっては大変ですから、これは納得の手順ですね。
「手指を清潔にする」ことは、肌荒れに注意し、さらなる黒ずみを重ねないために、そしてクリームがキチンと効果を発揮できるように、とても大切なことです。

その方法は普通の手洗いで充分ですし、入浴後であればそのままで大丈夫です。
外出先から帰宅した場合の手洗いは、通常の方法(ソープなどで洗ってから水で流す)で充分ですし、自宅に居て汚れていない時には水洗いだけでも良いでしょう。
それほど神経質にならなくとも良いのですが、手指を清潔にすることは肝心と覚えましょう。

手順その2

清潔な掌にチューブから適量押し出します。
5円玉くらいが目安になりますが、この量が絶対とは限りません。
量は黒ずみの範囲にも関係しますし、また個人差もありますから、自分で適量と思われる量で始めてみましょう。

塗った感じから、黒ずみの範囲に対して足りなければ増やせばよいことですし、充分と思ったら少なくしても良いのです。
チューブ式のクリームですから量の加減は自由に出来るので、自分自身の感覚で増減してみましょう。

手順その3

気になる黒ずみに塗る量を考えて、まず5円玉分を掌に押し出して乗せ、適当な量を指先にすくって優しく塗り込みます。
ジェル状のクリームでよく伸びるので、軽くなでるだけで滑らかに塗り広げることができます。

はみ出してしまっても、気にすることはありません。
広めに塗布することで、黒ずみ部分はしっかりとケアが出来ますし、またそれも必要なことです。
しっかりと黒ずみの周辺にまで、馴染ませましょう。
美容成分を多く含むケアクリームですから、黒ずみよりも広く塗ることで悪い影響考えられませんし、むしろ広く肌を美容ケア出来るのですから一石二鳥ですよね。
イビサクリームを塗ることで、肌が潤い美しくなれるというイメージが作れますから、とても良いイメージに繋がります。

1〜3まで終わったらさらにもう一度塗る

使用手順どおりにクリームを塗って乾いたら、さらにクリームを塗ります。
二度塗りすることで、ケア成分にさらにしっかりと浸透させることになります。
二度塗りすることで、デリケートゾーンの黒ずみは確実にケアされます。
頑固でなかなか薄くならないしつっこい黒ずみ対策には、二度塗りはおススめですよ。

塗る回数やタイミングは?

基本的な回数は、1日に2回(朝と晩)が理想的でしょう。
起床時と就寝前になりますが、各々日常の流れを考えて1日2回を決めましょう。
習慣化することが大事に成ります。

そうすることでクリームの効き目が上がると考えられるからです。
しかし、無理はストレスになってしまいますから、止むを得ない場合には多少のズレは気にしないようにしましょう。

忘れることもあると思いますが、重病の際の服用薬とは違うのですから、気に病むことはありません。
あまり神経質に考えず、「基本は1日に2回の塗布」と思って心がけるようにすれば良いでしょう。
「毎日2回塗ることで効果が上がる・綺麗な肌が待っている」と考えて頑張ってください。

塗る回数で効果は違う?

1日に2回が基本としてのクリーム塗布です。
1日に1回の塗布の場合は、効果は少し減少してしまうことはあると思います。

ただ、塗らないよりはずっと益しですから、それなりの効果は期待できます。
量が少なくなれば効きめも少なくなるのは道理が、それでも塗らないよりは1日に1回でも塗ることを続けてください。
二度塗りを1日1回できるのなら、なるべく続けましょう。

ただ、基本は1日に2回塗布ですから、できるなら続けることをお勧めします。
難しいことはありません。
自分の時間と必要に合わせて、イビサクリームを活用し、黒ずみの無い美しい肌を取り戻してください。

イビサクリームが持つ3つの強みとは

イビサクリームと検索すると、口コミがいっぱい表示されますから評判は良いようです。
「塗るだけで黒ずみが解消される」と言う口コミが、いろいろなネットで紹介されています。

では、このイビサクリームには、どのような優れた特徴があり、またどのような強みがあるのでしょうか。
そして、さらには劣っている部分や弱みやメリットについても探ってみました。
直接、イビサクリームの開発会社の社長に、突撃取材した結果を発表します。

特徴その1 美白効果がとても高い

「特化した美白成分」が「デリケートゾーンの黒ずみも薄める」と大変な評判です。
その強みとメリットは、言うまでも無く「美白が非常に強い」ことにあります。
黒ずみを薄くする効果のもとは、「トラネキサム酸」という美白成分ですが、この効果が絶大なのだそうです。

その効果は、黒ずみの原因になってしまう「メラニンの生成」を抑え、黒ずみに攻めのアプローチを働きかける「トラネキサム酸」や、肌のダメージを守ってターンオーバーを促がす「グリチルリチン酸2K」等が、しっかりと肌をケアするからです。
これ等の働きで、メラニンが徐々に減少し、デリケートゾーンの黒ずみが薄まって解消される訳です。

効果が現れるには、1〜2ヶ月の期間が必要なのですが、それでも他の「デリケートゾーの黒ずみ解消クリームよりも短い」と言うことですから、凄いですね。
美白の効果が高い成分の配合が、効果抜群ということでしょう。

特徴その2 肌の総合ケアもお任せ

イビサクリームには、各種の化粧品の役目もあるとのこと。
デリケートゾーンのケアだけではなく、肌の総合的なケアの働きも兼ね備えています。
それは「ターンオーバーの促進の力」を発揮するためです。
一般的な肌の荒れや乱れは、周期的なターンオーバーの自力によって生まれ変わり、元の美しい肌にもどるのが正常な働きとされています。
その「ターンオーバーの促進」を高めて黒ずみは解消していくのですが、イビサクリームにはそれ以外にも、今流行の「オールインワンの美容品」の役割も果たしてくれます。
「化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック」という5つの美容のための成分が、しっかり入っているのです。
イビサクリーム一つ塗ることで、肌の総合ケアは完成するのですから、デリケートゾーンだけのクリームではありませんね。

5つの化粧品の役割について

化粧水の役割とは

肌には保湿がとても重要です。
きちんと保湿されていることで、外部から水分が染み込むことはありませんから、プールや海に入っても水が肌に染み込まないのです。
肌の表面までキチンと保湿するためには、化粧水のような調整された成分が絶対に必要なのです。

乳液の役割

しっかり保湿を心がけていても、水分は蒸発してしまいます。
化粧水の上から乳液でカヴァーすることで、肌から水分が蒸発するのを防ぐのです。
肌を乳液に含まれる油分でしっかりと覆うことで、水分は蒸発しにくくなります。

クリームの役割

乳液と同じ理由で、肌の水分を逃がさないように保護する役目を果たしています。
成分が濃いために保湿効果は高まりますし、持続もしますから、就寝前のお手入れには効果的です。
就寝中に「クリーム内の様々な栄養素」が補給もしてくれますから、肌は保湿と合わせて充分なケアをもらえることになります。

美容液の役割

女性は美に対しては貪欲ですから、肌を今まで以上に美しくしたい為に、美容液の力も欲しいと望むのです。
「肌の張り」「しわ」などの気になるところが、しっかりとケアされればとても嬉しいですし、結果が見えたら満足度は高くなります。
普通の化粧品のケアだけではない特別なケアで、肌はさらに美しく輝きます。

パックの役割

パックの力は常時ではなく、一時的な力の発揮です。
肌を美容成分でラップして、ケア成分を肌のより深い層まで浸透させてくれます。

表面的なケアではなく、肌の奥まで浸み込むことで、とても強いケアになります。

イビサクリームは、これら5つの効果を全て持ち合わせていますから、肌を総合的にケアしますが、特に目立つ効果はどれなのでしょうか?
「乳液効果」が非常に強いので、水分がしっかりと保持されて肌の潤いは長く続きます。
保湿が肌を美しく保ちますし、ターンオーバーの正常化にも効果が大きく出ます。

肌を、しっかりと生まれ変わらせるために活発に促進を続けて、肌の中に溜まってしまったメラニンをしっかり排出させるのです。

イビサクリームのとても凄い特徴は、肌の総合ケアが簡単に手軽にできると言うことです。
「黒ずみ解消+肌を美しくしてくれる」というダブルの効果が嬉しいですね。

特徴3 ジェル状クリームでとても伸びがよい

使用感もとても大切な要素だと思います。
イビサクリームはジェル状クリームですから、とても伸びがよく、しかも肌によく馴染みます。
なにしろ使用する部分がデリケートな部分ですから、硬い使用感は避けたいですし、気持ちよく使用したいですね。

かと言って、水分過多でも困ってしまいます、しっかりと肌になじんでくれることが大切になってきます。
見えない部分ではあっても、動く際は使用しなくては動けない場所なのですから…。

伸びがよくなじみやすいクリームということでも、その使用感は多くの方から好評を寄せられています。
使用感がとても好評ということと肌全体に効果があるということは、イビサクリームのとてもすごい強みですね。

お肌におけるメラニン色素の役割について

お肌の大敵、天敵と呼ばれる存在は数々ありますが、シミやそばかすを作る元凶となる要素に「メラニン色素」というものがあります。
メラニン色素が最も沈着する(黒ずみになる)瞬間が、日焼けです。
お肌が紫外線を受けると、メラニン色素は沈着し、日焼けが起こります。

沈着することで人間の細胞、お肌を守るのです。
ですので、色白の方は紫外線に比較的弱いということがあるのです。
そもそも紫外線は人体にあまりいいものではなく、シミやそばかすはもちろん、湿疹などの原因にもなります。

メラニン色素がお肌を守る

メラニン色素は、紫外線などといった、あらゆるダメージからお肌を守るために存在しています。
大きく分けて二つの種類があり、人体の肌の色を形成する色素でもあります。
黒人の肌や、日本人の黒髪を形成しているのがユーメラニン、白人の白い肌を形成しているのがフェオメラニンとされています。

日本人が持つユーメラニンは、紫外線から発生した活性酸素を消す役割があります。
活性酸素はお肌の老化などを引き起こす要素に思われますが、実は体に入り込んだ細菌などを殺し、細胞を守る役割があります。
ただ、増えすぎると細胞にダメージになり、老化になるのです。

紫外線が当たることで、活性酸素が急激に増えるため、お肌のトラブルになります。
しかも、活性酸素から守るべく、メラニンが活動した結果表れるのが、日焼けやシミ、そばかすなどなのです。

女性から見るとどれも絶対になりたくないものなのですが、活性酸素とメラニンの反応と、人体のお肌の仕組みはこのようになっているのです。
人体がお肌を守る仕組みですので、どうにかして付き合っていく必要があります。

黒ずみ、シミ予防にやるべきことは、紫外線に直接あたるのを避ける、そしてダメージを与えないということです。

脇の黒ずみは、ダメージのせい

脇やひざ、肘の黒ずみは、やはり「お肌へのダメージ」によるものです。
でも、特にダメージになるようなことはしていない、とお思いの方も多いはずです。

お肌は、繰り返し刺激を受けると、その部分に「痕」として残ります。これがいわゆるシミです。

特に、どれだけ丁寧に、傷をつけないように自己処理をやっても「毛を剃る」という作業は、お肌にとってみると十分ダメージになります。
大きな刺激と感じて、メラニンが肌を守るべく働きます。それも、ここぞと言わんばかりに活発になるのです。

これはムダ毛処理以外にも、歩くときに脇がこすれることでも、同様です。
言い換えれば、一度克服してきれいになったとしても、再び黒ずみになる可能性が誰にもあるということです。

さらに当然、脇以外でも同様です。
例えば肘やひざの関節、乳房なども、普段の生活でこすれる部分かと思います。

わきの下や肘、ひざなどに紫外線が当たった覚えがないのに、黒ずみが起こるのは、このようなことがあり、メラニンが増えるためです。
正式には「炎症性色素沈着」というものです。
小さいものでも、お肌に刺激が何度も与えられることで、お肌の炎症となり、黒ずむのです。
最悪、表皮細胞ではなく真皮層にまでメラニン色素が沈着すると、ターンオーバーでは治らなくなり、非常に長い年月が必要になります。
真皮層はターンオーバーがなく、その代わり不要な細胞を掃除するマクロファージという白血球が働きますが、ターンオーバーよりも遥かに長い時間がかかります。

ちなみに、お顔の肌はわきの下などよりは丈夫な部分ですが、毎日の洗顔をごしごしと強くこすっていては、顔の肌が黒ずむ可能性もあるのです。

黒ずむ原因を突き止めて、対策をする

原因を突き止めて、それに応じた対策が必要です。
原因を放置していれば、どれだけ回復のために力を尽くしていても、治りにくく、治ってもすぐに再発します。

お肌の黒ずみは、脇に限らず、きちんとケアしていけばしっかり回復していきます。=脇の黒ずみを消す
時間は必要ですが、あきらめずに時間をかけてケアすることで、元に近い白さを取り戻せます。

再発防止のためのケアも必要

そしてもちろん、再発防止のためのケアも必要です。
まず一番に考えることが、自己処理の方法です。
カミソリでやっていれば、その分ダメージになりますので、レーザー脱毛をして、自己処理の必要がないレベルにするのも有効です。
クリニックで行う永久脱毛ではなくとも、サロンの脱毛でも最近は非常に高い効果があると評判です。

コストなどで脱毛が難しい場合は、カミソリからシェーバーに変えて自己処理をするなどの対策もおすすめです。

こすれによる黒ずみであれば、ぴったりとしたきつい服のせいで、歩く度にこすれていると考えられるのであれば服を変えたり、かぶれによって黒ずみが起きている場合には、使う制汗剤の種類を変えてみるというのも手です。
また、日焼け止めのアイテムも、最近のものはとても高性能かつ低刺激なものが多いですので、是非とも活用していってください。

妊娠中の脇の黒ずみについて

妊娠中の女性の体は、とても不安定で、様々なお肌のトラブルが起きるものです。
特に、お肌のシミ、黒ずみも頻繁に起こります。

中でも、意外に大変なのが「脇」の黒ずみです。

お子さんが生まれる時期にもよりますが、夏は半袖やノースリーブなど、腕が出るファッションに代わる季節です。
場合によっては、お子さんを連れて海辺で遊ぶということもあるかもしれませんが、脇の黒ずみはそうした時に初めて気づくことが多いのです。
ひとしきり遊んで、帰ってきてふと鏡で見たときに唖然とするほど、ひどくなっている可能性もあります。

実は、その脇の黒ずみは私が経験したものでもあります。
妊娠中はホルモンバランスが崩れ、様々なトラブルが起こる可能性があることはわかっていましたが、ある日突然、わきに黒ずみが表れたのです。
自分が考える限りでは、特に何かをしたわけではありません。
「ここからケアしないと、産後もそれからも、ずっと残り続けるのでは・・・」と一気に不安になった記憶がよみがえります。

妊娠中のお肌の黒ずみは珍しくない

その時に知ったのですが、やはりいきなりお肌が黒ずむことは珍しいことではありませんでした。
胸やお尻といった部分も黒ずみが目立ち始める人も多く、悩みを抱えていました。

そして、黒ずみが目立ってきたからと言って、ごしごしとこするのは、逆効果でした。
お風呂の時などにこすると、余計にメラニンが多く生まれ、活性化するのです。

妊娠中は肌が敏感になるため、使うものも今まで以上に厳選しなければなりませんが、かといって何も対策をしないとどんどん黒ずみは濃くなっていく一方です。

黒ずみが起こる原因

そもそも、妊娠中でホルモンバランスが崩れるからと言って、黒ずみが起きるのかということから不思議に思われそうですが、こればかりは本当に「ホルモンバランスのせい」というほかありません。
黒ずみは「メラニン色素」の活発化により起きます。

メラニン色素が活発になるタイミングは、紫外線やカミソリ負けなどでお肌にダメージが加わった時が有名ですが、ホルモンがメラニン色素を増やす、ということもあるのです。
これは妊娠中に限らず、生理などの様々な影響でホルモンバランスが崩れたときにも起こりうるものだということです。

ですので、シミやそばかすも突然現れる可能性があります。
それどころか、毛深くなったり、逆に毛が薄くなったりといったこともあり得ます。

ただ、一般的には産後に元に戻ったとき、徐々に治っていくとされており、実際に私も産後にはある程度まで回復できました。
妊娠中でも怖がらずに、正しいケアをしていけば、最小限に抑えることもでき、産後にも限りなく元の白さまで回復できます。

妊娠中にできる黒ずみ対策

妊娠中にできる黒ずみ対策は、かなり限られます。
気軽に、黒ずみに効果がある製品を使えばひとたまりもない悪影響が出る可能性があり、非常に躊躇してしまうはずです。
普段から合う合わないを考えて、化粧品などを選ぶ必要がありますが、妊娠中は特に慎重に選ぶ必要があります。
しかし、前述したようにだからと言って何も対策をしなければ、痕が残る可能性があり、いくら産後には治るといっても完全に妊娠前のようなきれいな肌になるとは限りません。

・保湿が基本

お肌の黒ずみ、シミの改善には、何よりも「保湿」が大切となりますが、これは脇の下も同様です。
わきの下の保湿を、これまで以上に念入りにやることで、改善に向かっていきます。
保湿することで、わきの下のお肌も顔のお肌と同じようにターンオーバーしていきます。

・刺激を与えない

そしてもう一つ、刺激を与えずにデリケートに扱うということも大切です。
わきの下はわき毛の処理が必要ですので、頻繁に手を加える部分かと思います。
メラニンの活性化はお肌の刺激も大きな原因となりますので、カミソリではなく電気シェーバーを使うなどをして、悪化を防ぐのがおすすめです。

・個人的におすすめな、「アットベリー」

個人的におすすめしたいのが、アットベリーというジェルです。
黒ずみの改善に効くジェルで、低刺激でできており、敏感肌の方にもおすすめです。
また、アットベリーはオールインワンタイプで、ジェルタイプではありますが化粧水や美容液、乳液といった普段からするお肌のケアにも活用できます。
脇の黒ずみへの使い方としては、お風呂上りにわきの下にさっと塗るだけです。
時間がなく、しっかりとしたケアができないという方でも、毎日できるはずです。

ジェルですがべたべたとする感じはなく、塗ってすぐに乾いてさらさらとした肌になります。
それでいて、成分が十分染み渡ったプルプルのお肌になります。
消臭成分も含まれているため、産後にもわきのケアアイテムにとっても便利に活用できます。

すぐに黒ずみが解消されるという製品ではありませんが、お肌の黒ずみ対策にとってもおすすめな製品ですので、是非試してみてください。